TOEIC対策にも効果的な3次元英語学習法とは

Sponsored Link

英語における目と耳と口を同時に使う勉強方法を、
三次元学習法と名付けている。

 

ただの音読ではない。

 

音読というのは単に声を出して文を読むだけ。

 

ここでは、自分の声を自分の耳で聴き、
確認することが最大のポイントとなる。

 

目で活字を読み、口でスピーキングをし、
自分の声のリスニングを同時にする。

 

つまり、リーディングとスピーキングとリスニングを
一度にしてしまうということ。

 

この三次元学習をすることによって、
かなり集中力が高まり、
自分でも思ってもみないような効果が短時間に期待できる。

 

自分の耳で英文を聞くことができるようになると、
その英文は確実に自分の記憶の一部に残り、
はっきりと覚えたという実感が持てるようになる。

 

ただ声を出して読んでいるのではなく、
読みながら耳で自分の声を意識して聴いてみると良い。

 

声を出すことによって、
英語の発音やイントネーションを確認でき、
耳で聴いて正確さを知ることができる。

 

そうすることで、普段使っている日本語のように、
英語に慣れ親しんでるようになる。

 

英文を読む時には、3次元学習をするくせをつけよう。

 

 

なぜ三次元学習が効果的なのか

目と耳と口を同時に活用する三次元学習は、
実は TOEIC の勉強には最適なやり方である。

 

なぜならば TOEIC の試験というのは、
「英語で考えて英語で答える」という
即解即答をしなければ、
あの大量の問題数は時間内にこなせないのである。

 

そのためには、日頃から英語に慣れておく必要がある。

 

しかしどの程度慣れれば
TOEIC の得点アップに繋がるのかという尺度は明確ではない。

 

そのため TOEIC に関する本を大量に読みこなしても、
英語の音声を何時間聴こうが、
どれも効果的な勉強方法とは言えない。

 

よくよく考えてみると、
TOEIC はスピーキングのテスト問題がないから、
英語を喋るということを無視して、
口を活用すること忘れてしまいがちである。

 

私もかつてはそうだった。

しかし、口から発する声を耳で聴き、
目で英文を読んでいると、
自分にとって意味のわからない単語、
読み方のあやふやな単語が確認できるようになった。

 

最初の頃は、私も単語の意味や発音を
辞書で確かめるのはやっかいな作業に思えた。

 

だが、そのうち単語を覚えてくると、
それほど三次元学習をするのが苦痛に思えなくなった。

 

むしろ短期間に短時間で英語の実力が
伸びていくのが面白かったほどだ。

 

それは、英語でものを考えられるようになったほかならない。

 

 

英語でものを考えるコツ

三次元学習のいいところは、
目と耳と口を同時に使うことで、
日本語で考える余裕がなくなること。

 

目で英文を追いながら英語を声に出して読むことで、
まず読み方に神経を集中させる。

 

意味のわかっている単語はスラスラと言えても、
意味の知らない単語にぶつかり、
そこで読むのを止めてしまうと効果は半減してしまう。

 

その時には、その単語に印をつけながら、
ドンドン声を出して読み進めること。

 

意味がわからなくても、発音が間違っていても、
声を出すことで頭の中に日本語は浮かんでこないはずである。

 

ここが大切なポイントである。

 

意味は後から訳を読めば把握できる。

 

英文を読みながら、いちいち日本語で考えるような勉強では、
いつまでたっても TOEIC の得点は上がらず、
英語で施工できるというバイリンガルな頭脳にはなれない。

 

TOEIC という試験は、そういう目的を持っているテストである。

英語で考え、英語で判断する。

 

それが TOEIC の試験である。

 

なので、1つの英文を丁寧に日本語に訳したり、
英文の構造を考えながら内容を理解していく勉強は必要ない。

 

三次元学習を続ければ、
必ず英語でものを考えれられるようになる。

 

三次元学習で、頭の中から日本語を追い出そう。

 

 

三次元学習の効果

英語を目にしたとき、声を出して読み、
耳で確認するのが三次元学習の基礎である。

 

さてそこで使用する教材であるが、
英語関係の実用書でもよければ、対訳本でもよい。

 

あるいは、 TOEIC の試験用の英単語や熟語集を読むときにも、
ちゃんと三次元学習をフルに活用して欲しい。

 

短い時間で驚くほど覚えられるはずである。

 

 

私は英字新聞を読むときに、三次元学習を試み始めた。

 

大きな声を出す必要はないのだが、
自分にわかる程度の声の大きさで読んでみた。

 

スピードを上げて、速く読むことはしない。

 

最初のうちはあまり長い時間は集中できないので、
一日最低10分間やるように心がけた。

 

このように隙間時間を利用した勉強法は、
勉強嫌いの私には効果的な方法だった。

 

三次元学習を始めるときは長時間でなく、
徐々に勉強時間を増やしていくようにしたい。

 

「気が付いてみたら、30分もしていた」
という状態になるのが理想的である。

 

「声を出して英語を読み、同時に聴く」
という英語の勉強を続けていくと、
自分がネイティブスピーカーになったような気分になってくるだろう。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ