大人は眠くなる英単語の暗記学習は行わない

Sponsored Link

英単語の暗記学習を行うと、すぐに眠くなることは、
多くの人が経験していることだろう。

 

学校で英語を習ったときに、
ほとんどの人は単語帳や単語カードを作ったことと思う。

 

それを試験勉強のときに暗記するつらさ・・・。

 

今思い出しても、いや~な気分になることだろう。

 

もちろん、学生時代の暗記のおかげで、
語彙数が増えてきたという利点はあるのだが、
大人になってからの丸暗記は、あまり効果がない。

 

なので英単語を暗記しようとして、
眠くなってしまっても構わない。(笑)

 

 

暗記に頼らない英単語学習のコツ

英単語学習は暗記しようと思わずに、
具体的に使ってみるのが、
いつの間にか覚えるためのコツとなる。

 

大人になってからのつらい英単語暗記は、
非効率のきわみである。

 

楽しく使いながら英単語を覚えて行けばよいのだ。

 

 

そのひとつの方法として、
一日三行日記をつけてはいかがだろうか。

 

寝る前のほんの5分を使えばできる。

 

その日にあったことや感じたことを、
知っている英単語を使って書いてゆく。

 

その時、
「これは英語でどう表現するのだろう」
という言葉が必ず出てくる。

 

それを辞書で引きながら、英文を作る。

 

例えば次のような文を書きたいとする。

 

・今日は残業だった。
・帰りがけにコンビニでおにぎりを買った。
・三日月がとてもきれいだった。

 

まず、わからない言葉を和英辞典で引く。

 

本タイプの辞書でもいいのだが、ボーナスが出たり、
臨時収入があったりした時に、
電子辞書を買っておくと、
手軽に単語が引けてとても便利である。

 

残業する → work overtime
コンビニ → convenience store
三日月 → crescent moon

 

次にこれを使って英文を作る。

 

・I worked overtime today.
・I bought an onigiri at a convenience store
on my way home.
・The crescent moon was very beautiful.

 

このとき、文法的にちょっとぐらい間違っても、
英文の並べ方がよくわからなくても、気にしないこと。

 

たとえ不完全でも、実際に文章書くという作業するだけで、
英単語力がつき、表現力がアップしていく。

 

時間がないときはノートに書かず、
口に出して言ってみるだけでも効果がある。

 

また、日記は必ずしも三行である必要はない。

 

時間がないときは、とにかく一行でも書くようにする。

 

内容は「明日の予定」でもいいし、「楽しいこと日記」でもいい。

 

その日に合った良い事を書くと、満ち足りた気分になって、
寝つきがよくなるおまけもついてくることだろう。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ