初級英会話学習を行う上での発音の基本的ポイント

Sponsored Link

初級レベルの英会話テキストを用いて、
その音源を聴きながら学習することで、
完璧ではないものの、
標準英語に近い発音の基礎が身につくようになる。

 

ここで最初に発音を覚えておけば、
たとえその通りに発音できなくても、
先へ行って極端に発音が
標準から外れてしまうことはなくなる。

 

それぞれの単語の発音は、
その都度音源の真似をしていけばいいわけだが、
いくつか英語全体にわたって共通する発音のポイントがあるので、
それだけは最初に覚えてしまったほうがいいかもしれない。

 

 

 

 

日本人の苦手な発音

日本人の場合、まず問題になるのは、
やはりR(r)とL(l)の区別である。

 

日本語にはこの区別がないので、
これを聞き分けることは日本人にはかなり難しい。

 

そのため、聞き分けられなくても仕方ないと思う。

 

しかし、英語を話す多くの外国人は、
これを聞き分けることができるので、
こちらが話すときには、やはり使い分けた方がよい。

 

こんなことを言うと、中には

「そんなことを気にする必要はない。
日常生活の中でrice(ご飯)とlice(シラミ)が
混同される状況はないのだから、そんなこと気にしているより、
ドンドン話した方がよい」

という人がいる。

 

それは確かにそうなのだが、
こちらが「ご飯(rice)をください」と言うたびに、
シラミ(lice)と聞こえるのでは、相手も閉口してしまう。

 

口語では、

Turn at the next light.(次の信号で曲がって)

Turn at the next (corner) right.
(or Take the next right.)
(次の角を右へ曲がって)

のように、意味が違ってきてしまう場合もある。

 

legal(適法の)とregal(王の)でも違ってくる。

 

なので自分で言う時には、使い分けた方がよいし、
RとLは聞き分けるのは難しくても、
使い分けるのはそれほど難しいことではない。

 

まず、Lの発音をする時には、
舌が上の歯のつけ根のところにつくようにする。

日本語のラリルレロはこれに近く、
日本人が意識せずにLとRの発音をすると、
ほとんどはLに聞こえる。

 

英語でRを発音するときは、
舌が口の中のどこにもつかないようにする。

 

これで、rightとlight、riceとlice、
regalとlegalを発音してみて欲しい。

何となく発音のコツが掴めたと思う。

 

apple(りんご)などの発音も、
このやり方で発音すると、とても英語らしくなる。

 

[th]は、学校でも習ったと思うが、
舌が上の歯の先につくようにする。

 

また、FとVを発音するときは、
上の歯が下唇につくようにする。

 

P、T、C[k]も日本人には発音しにくいと言われているが、
この3つの音には強い破裂をつけるようにするとよい。

 

例えば日本語の「ポスト」と英語のpost。

 

日本語では何気なく最初の「ポ」を発音するが、
英語では最初に「ポッ」と息を吐き出すようにして
「ポスト」と強く発音する。

 

 

 

 

母音の発音

以上に述べたのは、いずれも子音の話だが、
このほかに英語には11の母音がある。

 

この発音については、それぞれのテキストの解説を見て、
音源を聴きながらひととおり練習して欲しい。

 

日本語の母音はアイウエオの5つなので、
それよりも6つも多いわけで、
厳密に言えばいろいろ注意すべきこともあるのだが、
とりあえずは[ӕ][ɑ][ʌ]の区別以外はそれほど気にしなくてもよいだろう。

 

他にも発音に関して注意すべきことはいろいろあるのだが、
まずはこれくらいのことを踏まえておいて、
あとはその都度テキストで確認していくとよい。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ