日常英会話できるためには単語は何語覚えれば良いのか

Sponsored Link

学校英語のところでも触れた通り、
初心者レベルの日常英会話で使われる単語の数は、
850~1000語である。
(少しレベルの高いものでも、1500~2000程度)

 

では、「英語が話せる」というぐらいになるには、
どれくらいの数の単語をしていなければならないのだろうか。

 

その目安として、
例えば「英語の新聞が普通に読める程度」としてみよう。

 

新聞が読めるというのは、
ひとつの国の国民としては普通のこと。

 

CNN のニュースや洋画のセリフを英語で聞くためには、
その程度の英語力は必要である。

 

またときどき、「中学校レベルの単語を押さえていれば、
日常会話程度の英会話は問題ない」
のようなことをよく耳にするが、これには疑問を覚える。

 

確かに子供が使うような会話はできるかもしれない。

 

しかし私たちが英語を学んで付き合う相手のメインは、
”いい大人”ということを忘れないようにしないといけない。

 

 

それでは新聞を読むには、
どれくらいの単語を知っていればよいかというと、
それはおよそ20000語だといわれている。

 

1000~2000語と20000語では、お話しにならない。

 

なので私たちはこれからこの差を
埋めていかなければならないわけである。

 

たとえて言えば、私たちはまだ英語力のレベルでは、
1~2歳の段階にとどまっているので、
これを成人(20歳)の英語力のレベルまで
引き上げなければならないということ。

 

20000語の中でも、とりわけよく使われるのは5000語程度。

 

だが買い物で喩えると、
5000円の品物を買うために5000円ちょうどを持っていくよりは、
20000円を持っていた方が、
どこか安心して買い物ができるものである。

 

それに日本人は勤勉という特質を持っているため、
早くに20000語を覚えてしまうことによって、
日本人らしい「品質管理」された英語を話すことができるのであり、
それこそ話すことの苦手な日本人にあった英語習得法といえる。

 

目標はあまり高すぎてもいけないが、
初めからあまり低すぎても良くない。

 

それに、 CNN などのニュース英語が聞けるようになるためには、
やはり20000語の単語力が必要になる。

 

もっとも、中学校を終えて高校で真面目に英語を勉強して、
教科書に載っている単語を全部覚えた人や、
大学受験をした人は、5000語くらいは知っているといわれている。

 

有名大学だと、これが8000語にもなるという。

 

しかし残念ながらそれは、耳から入ったものではないので、
多くの単語の発音は頭に入っておらず、自分で使える英語、
聞いてわかる英語としては蓄積されていない。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ