日本語にはない「補語」を伴う英語の第2文型とは

Sponsored Link

日本人にとってなじみの薄い英語の文型、
それはS+V+Cの形をとる第2文型である。

 

Cの補語(complement)が日本語にないため、
厄介に思われがちなのだ。

 

しかし、このS+V+Cは「Sがこうである」と考えると
比較的わかりやすくなる。

 

例えば、「私はビジネスマンだ」は、I am a businessman.となり、
a businessman が補語のCにあたる。

 

また、「彼らは幸せだった」は、They were happy.となる。

 

つまり、Cになるのは a businessman のような名詞か、
happyといった形容詞である。

 

またここで、副詞は補語になれないことに注意して欲しい。

 

そして動詞は be動詞か自動詞を使うのが鉄則。

 

 

「第2文型がどうして日本人に取っつきにくい文型なのか」という理由は、
第3文型(S+V+O)と区別ができにくいということが考えられる。

 

第3文型は「SがなにかをVする」という意味で
目的語を必要とする文型である。

 

一方、第2文型はSとCがイコールの関係にあるが、
このイコールという意味がなかなか把握しにくい。

 

簡単に言うと、補語というものは
「ストレートに主語を説明し、状態を表すもの」である。

 

ちなみに、They ware happy.「彼らは幸せだった」も、
They ware happy men.も、同じ第2文型である。

 

 

 

補語を使うやっかいな第2文型

第2文型-S+V+C(主語を説明する補語がつく)

 

 

be動詞(become)

She is beautiful.
S     V      C(形容詞)
(彼女は美しい)

She became a beautiful lady.
S         V             C(名詞)
(彼女は美しい女性になった)

 

 

その他の動詞

It sounds great.
S      V        C
(それは素晴らしい)

His story proved true.
・・S          V       C
(彼の話は本当だとわかった)

I feel sorry about your failure.
S   V     C        (修飾語)
(あなたの失敗を残念に思います)

This soup tastes good.
・・S           V       C
(このスープはおいしい)

 

Sponsored Link

カテゴリ:英語文法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ