暗記を行わない実用的な英語の学習法とは

Sponsored Link

正直、外国語を学習し身に付けるというのは、

長く険しい道のりであり、
毎日の努力が必要となる。

 

しかし、以前のような単語帳を作ってひたすら単語を暗記する方法や、
問題集を解きまくるといった、

つらく単調な作業ではストレスが溜まってしまい、
学習の成果が上がらない要因となっているのが現状。

 

よって旧態依然の古い英語学習法は捨て去る必要がある。

 

 

 

ストレスの感じない英語学習法なんてあるのか

ストレスを感じない学習法とは、

すなわち飽きない学習法である。

 

飽きない学習法とは、

様々な方法をミックスして変化に富ませるのが良い。

 

最適なテキストは、音源(CDやMP3)のついているテキスト1冊。
しかも難解なものでなく、中学レベルの平易な内容が良い。

 

実際に英会話というのは、

中学レベルの文さえ操れるようになれば、
問題なくスムーズに行うことが出来る。

 

 

 

一般的に英会話学習者というのは、

中学レベルの会話もできないのに、
よりレベルの高い内容に着手してしまうから、

いつまでも上達しない傾向がある。

 

飽きない学習法に話を戻すことにしよう。

用意したテキストに沿って、

以下の音声トレーニングを行う。

 

1.通常の英文を見ながらの音読
2.音声を聴いたあとに復唱する・・・リピーティング
3.音声が終わる前に一瞬遅れで復唱する・・・シャドーイング

 

この3つの音声トレーニングを、

学習の飽きがくる前に変更して行うことで、
学習におけるストレスを限りなく軽減することが可能となる。

 

実用的な英語学習において、相手の言葉を聴きとることと、
話すトレーニングはかなり重要となる。

 

音声トレーニングは、これまでの勉強で培ってきながらも
有効に使われることなく眠っていた英語の知識を稼働させるといった、
実用的な英語学習法である。

 

 

 

暗記は必要ないのか

「そんな簡単な方法で本当に効果があるのか。」
「暗記こそが、最適な学習法ではないのか。」

 

そのような疑問、不安を持ってしまうかもしれない。

 

しかし実用的な英語学習において、意識的な暗記の作業は必要ない。

 

 

 

巷では「英語学習には暗記が一番の近道」

と言われていることが多いため、
それ以外の方法になると、不安を抱いてしまうのだろう。

 

しかし、「聴いて話すこと」に主眼を置いた音読トレーニングより先に、
単語や英文を意識して暗記する作業を行うと、
自然な英語体験の妨げになってしまう。

 

「英語は暗記」といった概念を捨て、

新たな学習法に取り組むことで、
飛躍的に英会話力が向上するのは間違いない。

 

 

 

人によっては向上するのに多少時間が掛かってしまうかもしれないが、
音声トレーニングを行うことで、今まで無理だと諦めていた実用的な
英語力を身につけることができるのだ。

 

さぁ中学レベルの英文を繰り返し聴き、そして繰り返し声に出そう。

 

するとやがて、英語がスムーズに口から出てくるようになった自分に
驚いてしまうことになるだろう。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ