小学校の英語教育に待った!まずは中学校の英語改革が先決

Sponsored Link

最近日本では、「小学校から英語をやるべきかどうか」
という議論が盛んになっているが、
今の段階ではやるべきではないと考えている。

 

それよりもまず中学1、2年の段階で、
リスニングとスピーキング中心の初級会話の授業を
やるようにすることが先決である。

 

物事には順番がある。

そのためには、音声や映像中心の英語教材への移行や、
日本人の英語教師の再教育など、
やらなければならないことが山ほどある。

 

これまで長いあいだ、中国語に関しても英語に関しても、
読みと文法主体の学習を続けてきた日本人が、
明日から急に会話主体の授業が
できるようになるとは到底思えない。

 

そのために必要な教師の数も圧倒的に不足している。

 

日本では、まずこの改革を早急に行わなければならない。

 

小学校で英語をやるべきかどうかなど、
そのあとの問題である。

「早く始めればいい」という単純な問題ではないのだ。

 

中学校でその体制が整ったら、そこで改めて、
その体制を小学校の段階まで下ろすかどうかを考えればよい。

 

 

 

 

小学校で英語を学ぶメリット

小学校から英語をやるメリットは2つあると思う。

 

ひとつはその段階ならまだ、
英語の正確な音(例えばLとR)を聞き分けることができ、
発音も正確になる可能性があるということ。

 

もうひとつは、日本人の「恥ずかしがり」に関係している。

 

会話の授業では、なるべくその英語が実際に使われる
シチュエーションで練習することが重要なため、
ロールプレイングの授業などが大切となる。

 

しかし中学生くらいになると、
思春期の難しい時期に入ってくるため、
こういう練習を恥ずかしがってしまう傾向が強い。

 

特に日本人の場合、とりわけ日本人の男子の場合は、
その傾向が強いように思う。

 

だが、小学生ぐらいならまだ男の子も、
それほど恥ずかしがることなく、
この会話の練習に入っていける。

 

したがって、
小学校から英語をやることは決して悪くはないのだが、
とにかくまずは中学校で準備を整えることが先決。

 

それをやらずに英語教育を小学校から始めてしまったら、
結局、小学校の英語の授業もまた
読みと文法と単語の詰め込みが主体になって、
英語アレルギーの子供が今以上に増えるだけである。

 

もし私立の中学受験に英語を加えられたりしたら、
それこそ子供たちにとっては大変なことになる。

 

今の4教科でさえ、
すでに子供たちはアップアップしているというのに。

 

 

 

 

中学での理想の英語学習法

中学校の1、2年で会話の訓練をみっちりやる。

 

そして3年生になって初めて、リーディングも入れていく。

 

ただしその際にも意味をとることより、
読む文章のリスニングと音読を先に入れていくことが大切。

 

まず生徒に、内容と言葉が聞き取れるようになるまで、
繰り返し音声を聞かせる。

 

視聴覚室がなくても、
今は各教室にテレビがあるところが多いので、
それにDVDを設置して使えばいい。

 

そしてさらにそれを、
CD や MP3を使って自宅学習などで補強する。

 

そうしておいて初めて、
テキストを見て内容を確認するようにする。

 

そしてその内容に関して、音声で聞いた英語を使いながら、
簡単に発表させたり、話し合ったりする。

 

中学生のリーディングは、
こうしたやり方でなくてはならないと思う。

 

 

 

 

リスニング学習が一番大事

外国語の学習において一番大切なのは、リスニングである。

 

このことはここ数年、多くの人々があり始めていることだが、
これは紛れもない真実である。

 

耳から入れば単語の意味だけではなく、
発音も一緒に覚えることができる。

この効果は実に大きい。

 

赤ん坊だって、まず周りの人間の言葉を何年間か聞いて育ち、
それから自分の言葉をしゃべりだす。

 

大人になっても、まず相手の話を聞いて
その意味がわからなければ、会話は成立しない。

 

 

 

アメリカで行われた研究によれば、
私たち人間が起きている時間の8割は
コミュニケーションに費やされ、
そのうちの約45%はリスニングにあてられるらしい。

 

あとはスピーキングが30%、リーディングが16%、
ライティングが9%であるという。

 

したがって、リスニングの訓練をすることは、
外国語を学ぶために最も重要なことであり、
また外国語を習得するための最も早道でもある。

 

リスニングができれば、
つまり相手の言うこと聞いてわかれば、
スピーキングはあと少しの努力でできるようになる。

 

音で英語が頭の中に入っていれば、
あとそれを引き出す訓練をしてればいいからである。

 

しかし音で入っていなければ、
それを引き出すことはできないというわけである。

 

Sponsored Link

カテゴリ:学校英語教育 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ