MBA取得者から学ぶ効果的な英語学習法

Sponsored Link

日本においては、どのように英語学習環境を
作ることができるのだろうか。

 

そこでMBA 取得者へのヒアリング調査では、
毎日何らかの英語学習することを主張する意見が数多くあった。

 

MBA 取得者の多くが現在、
物理的に仕事の中で英語を使う環境にいるだけでなく、
意図して毎日英語を使う環境を作ることによって、
英語力を維持しようとしているようである。

 

このことからも「毎日学習することの重要性」は、うかがえる。

 

一方、積極的に学習する機会を作る際には、
何が重要となるのだろうか。

 

この点については、ヒアリング調査を通じて
「動機づけ」が必要だという意見が多く見受けられた。

 

どんな人も英語を学習する理由がなければ、
学習を継続させることが難しくなるだけでなく、
何を勉強すればいいのかさえもわからない状態になる。

 

例えば、
手紙を書けるようになりたいと思えばライティング力、
しかも手紙を書く能力を養う学習をする、
というように限定することができる。

 

しかし、学習する理由がなければ、
その内容を決めることできない。

 

具体的には、「最初は海外旅行で格好よく話したい、
海外で友達を作りたい」、といった
ビジネスには関係のない理由でも有効である。

 

MBA 取得者に行ったヒアリング調査でも、
最終的にビジネスで使える英語力は、就職や留学のため、
またはビジネスで使えるようにするためなどの大きな目的を、
より具体的かつ細かい動機付けにブレークダウンしていくことが
有効である、といった意見が多く見られる。

 

例えば、「来年のプレゼンで大きなコンペに勝ちたい」
「3年後に欧州の駐在事務所への赴任を目指して応募したい」
といった具合である。

 

 

継続的かつ反復学習の重要さ

英語学習をする際には、どのような時間
(頻度や一日の時間)や場所が望ましいのだろうか。

 

まずは学習頻度を考察してみよう。

 

MBA 取得者へのアンケート結果によれば、
「英語力維持のために毎日何かやっている」
という人がほとんどである。

 

MBA 留学からの帰国後、
英語を使う環境にある人にもこの傾向がある。

 

この点は特に注目したいところ。

 

一度英語力のついた人であっても、
継続的に英語を使わないと
その能力は低くなってしまうということを、
この調査結果を示しているのだ。

 

 

学習時間の長さよりも集中学習

次に、一日の学習時間と学習する場所について考察する。

 

1日の学習時間を多く取る必要ない。

 

また学習場所は、
集中できるような静かなところが望ましいが、
雑音の中でも集中できるのならば静かである必要はない。

 

重要なのは一日の中で、
英語学習に費やせる時間や英語学習を行う場所を
いかに作り出せるかということ。

 

 

また英語学習においては、
あまり意識せずに英語情報に触れるよりも、
集中して文字や音声を認識し、
深く内容を捉えていく方が効果が見込める。

 

もちろん英語音声の聴き流しによる学習の効果も、
それなりのメリットはあるものの、
それだけでは生の現場で対応できるほどの
学習効果を得ることは厳しい。

 

いずれにせよ何を目指して英語学習を行うかを明確にし、
フォーカス学習することがポイントとなる。

 

実際にどのような場所・時間・頻度で学習するかは
人それぞれである。

 

通勤時間にリスニング学習をしたりといった具合に。

 

だができるだけ毎日、日常の隙間時間を有効活用し、
英語の学習をしていきたい。

Sponsored Link

カテゴリ:MBA 英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ