試験のためでない”使える英語”の学習法

Sponsored Link

学校での英語の授業と、受験英語の最大の欠陥は、
やはり音声面を軽視しているところにある。

 

世界には”文字のない言語”こそあるが、
”音のない言語”というのはほぼ存在しない。

 

つまり、言語の本質は”音声”にある。

 

だが実際のところ、この本質を忘れて
英語および他の言語の学習を行っている人が大半。

 

なのでいつまでたっても、
英語を実際に使う力を身につけることができないでいる。

 

 

 

この音声の軽視というのは、学校授業や試験現場において、
文字ベースの方が運営しやすいという理由から生じている。

 

よって、授業英語のゴールと、実用英語のゴールは、
かなり異なった方向を向いてしまっているのが現状である。

 

そのため実際に”使える英語”を身につけようとするならば、
これまでの受験英語のための学習法を見直す必要がある。

 

より音声トレーニングに力を入れることこそが、
使える英語力の向上のカギとなるのである。

 

 

 

暗記という学習法を捨てる

試験のために英語を勉強してきた人の中には、
英語を暗記科目と考えている人が多い。

 

このような人たちは、

何千という単語を無理やり暗記したり、
構文を覚えるために難解な例文集を暗誦した経験から、
英語=暗記と考えるようになったかもしれない。

 

 

 

だがそれは外国語学習の本質を抑えていない、
非効率な学習と言える。

 

現に、受験英語や学校授業などで優秀な成績をおさめた人でも、
英語を聴いたり話したりということはままならない状況である。

 

実際のところ英会話というのは、
中学レベルの語彙や文法の基礎さえ体得していれば、
スムーズに行うことができる。

 

その体得には音声トレーニングが有効である。

 

音声トレーニングでは、従来の英語学習法のように、
単語や構文を暗記する時間をとる必要はない。

 

音声トレーニングを続けていると、5千語前後の英単語は、
暗記なしで自然に脳の中に刷り込まれる。

 

また構文もすんなりと吸収することができるため、
意識的に暗記する必要はなくなる。

 

このように「覚える」でなく「体得する」ことが、
実用的な英語を身につけるという意味なのだ。

 

 

 

英語学習は苦痛?

もし英語の学習は苦痛で、必要以上に多大な忍耐を要するもの
と考えているのならば、それは基礎の学習を音声トレーニングを
通して行わなかったことが原因になっていることだろう。

 

比較的簡単な日本語を即座に英語に変えられないレベルなのに、
それより遥かに難しい英文を理解したり、作り出したりすることは
普通に考えてかなりの無理がある。

 

しかしそのように基礎英語力がない状態で、
難解な英語を解かなければならないために
ほとんどの人は苦痛な暗記を強いられてきたのだ。

 

本来、言語学習というのは楽しいものであるが、
受験英語のためにどれだけの人が英語嫌いになっていることか。

 

繰り返しになるが、使える英語力を向上させるには、
効果に対して負担ばかりが大きい暗記学習は捨てる必要がある。

 

 

 

音読トレーニングを実践する前に

正しい音声トレーニングとは、
理解できる英語を耳で聴き、声に出すこと。

 

そしてこのトレーニングを行うには、
きちんとした英語の基礎力を持っていなければならない。

 

実用的な英語を身につけるためには、学習によって基礎知識を培い、
その基礎を音声トレーニングで育てていくというイメージ。

 

これまでの英語の授業や試験勉強を行ってきたならば、
基礎力はついているだろうから問題はないだろう。

 

万が一、英語の基礎力が乏しいならば、
まずは基礎的な語彙を覚えたり、基礎的な文法知識を養った上で、
音声トレーニングを行わないと期待するような効果を得ることができない。

 

 

 

こう言ってしまうと、
「自分には基礎力はあるのか?」と不安に思ってしまうかもしれない。

 

しかし、中学レベルの英語力があれば問題ない。

 

テキストは、中学レベルの音源付きのものを終始使用するため。

 

なので多少基礎力に不安があっても、
トレーニングしているうちに自然と基礎が身に付くので不安は不要。

 

効果的な4つの音読トレーニング法に続く

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ