英語を上達させるコツとなる3つのトレーニング

Sponsored Link

英語力を効率よく上達させていくためのコツとして、
以下の様な、森沢氏が提唱するシンプルな段階がある。

 

①文法・構文・語彙などを知識として学ぶ。

②学んだ知識を使うための回路を作るトレーニングをする。

③可能な限り英語を使う場をつくり、①、②で培った基礎英語力を使用能力に変えていく。

 

①に関しては、いわゆる学校教育で行われる英語の勉強のことである。

 

なので、①に関しては、
ほとんどの人がこれまでの学校教育で培ってきたと思う。

 

だが実際のところ、
習ったはずのこの基礎知識が身についている人は意外に少ない。

 

発音記号も読めず、カタカナ文字に頼ったり、
中学校の英語のテキストが自力では読めない。

 

また、中学1年レベルの語彙や文法を用いた英作文すらできない
というのが平均的日本人の英語レベルである。

 

 

 

しかし一方で、今までの受験のための英語学習を通して、
努力して十分な基礎英語力を養ってきた人たちも存在する。

 

だがこの人たちは、
「これまで多大な時間を英語学習に費やして来たにも関わらず、
それに見合った英会話力が身についていない」
とがっかりしてしまっていることが多い。

 

しかし、やってきて努力は徒労ではないので、

そう落胆する必要はない。

 

なぜならば、それは学んだ知識を使うための回路を作るトレーニングが
欠けていただけである。

 

特に大学受験英語などを学習してきた人というのは、
知識としてかなり高レベルの英語基礎力を持っている状態である。

そこまでの知識がある人というのは、①の部分はもはや必要なく、
使用回路を作るだけでかなり英語が上達する。

 

 

 

 

英語回路を作ること

これは学校教育における英語学習では、

全く取り扱われていない。

 

しかし、これは英語を上達させる重要なコツとなる。

 

この英語回路がないと、
せっかく学んだ知識が宝の持ち腐れとなってしまうことになる。

 

 

 

ここで一つ中学レベルの英作文を例に挙げる。

 

「どちらの本も面白そうなので、

彼はどっちを買ったらよいかわからない。」

As both books look interesting, he doesn't know which to buy.

 

このような英文の作成は、基礎英語力がついているなら、
なんてことないだろう。

 

だがここで問題なのが、

英文を作る際のスピードとスマートさである。

 

もし英語回路を持ち合わせてないならば、
行ったり来たりといった作業になってしまうことで、
英作文完成まで1分近く時間が掛かることになるだろう。

 

しかし英語回路ができていれば、
ほぼ瞬間的に英文が口をついて出てくる。

 

英語回路とは、要するに英語のまま瞬時に処理する能力のことである。

 

これは英語のリスニング及び速読を行うでも絶対に必要な能力である。

 

 

 

英語基礎に能力を使用能力に変える

③のステップでは、

①と②で培った英語基礎能力を活性化させ、
使用能力へと変化させるプロセスである。

 

これは最終段階における、英語を上達させるコツである。

 

 

 

具体的には、英語を使う場所に積極的に入っていったり、
英語を使う機会を自分で作るといった作業の中で生まれるトレーニング。

 

このトレーニングは海外に行ったり、
また語学留学することだけと思われがちだが、
実際のところ、日本国内でも十分に行う環境は整えられている。

 

例えばネイティブスピーカーから会話を受けてもいいし、
英会話サークルに入ったりと様々な方法がある。

 

また最近では、インターネットの普及により、
ネット上で外国人の友達を作りやすくなったので、
それを利用することで英語を実際に使うことが可能である。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ