英語が上達する人しない人のシンプルな違い

Sponsored Link

日本における英語産業というのは一種独特である。

 

書店には多種多様な英会話教材が積み上げられ、
またテレビ CM 等においても、
楽しげな英会話スクールのコマーシャルが垂れ流されている。

 

これだけ一つの言語に対して熱を持っている国というのは世界でも珍しい。

 

だが、ここまで英語学習の環境が整えられているにもかかわらず、
それに比例して日本人の英語が上達しないといった実情がある。

 

英語を学ぶ多くの日本人は、そういった環境でも英語が上達しないため、
もはや日本にいながら英語を上達させるのは無理なことと思ってしまっている。

 

 

 

また近年では、英語圏の国への語学留学も一般的になったが、
現地に数年に及ぶ滞在にもかかわらず、
英語力を大きく上達させて帰国してくる人は少ない。

 

それには一つの原因がある。

 

比較的幼い時に、現地のスクールに通いながら数年海外で暮らすといった
帰国子女の場合は、英会話力を大きく上達させることができる。

 

しかし、ある程度の年齢に達したならば、
ちゃんとした英語の基礎力を持って海外へ行かないと、
適当なコミュニケーションしか取ることができず、
結果的に英会話力は上達しない。

 

これでは
「日本で勉強しても上達しない。」
「海外という環境で実践を積んでも上達しない。」

 

もはや日本人にとって英語を上達させることは、
見果てぬ夢と思ってしまいそうだが、実際はそんなことなどない。

 

日本にいながら英語力を上達させている人はかなり存在する。

 

 

 

きっちり英語を上達させる人とは

まず英語を飛躍的に上達させることができる人というのは、
英語に対し幻想を抱いていなく、
現実的に一つの攻略する目標として捉えている。

 

英語と日本語はほとんど共通点のない言語であり、
また、日本人にとって日常的に英語を使う場面は全くない。

 

英語を上達させる人というのは、

この日本語との英語の関係性、
つまり、距離感を冷静に測定するため、
わずかな学習や基礎土台のしっかりしていない英語力でもって、
英語を習得しようといった甘いことは思わない。

 

要は変な勘違いをせず、

理にかなった対策で持ってトレーニングを行い、
英語をメキメキと上達させていくのだ。

 

 

具体的に彼らは、以下の二点を押さえている。

 

・英語を身につけるための基本トレーニングを知っている。

・基本トレーニングを必要な量だけ、実行・継続している。

 

このことというのは、

何も言語習得の分野に限った規則ではない。

 

スポーツや音楽などの芸術分野でも普通に行われていることだ。

 

仮にピアノや柔道を一定期間着実に稽古、

そして練習を行うならば、
誰でも上達してしまうだろう。

 

上達すると言っても、

国際舞台で活躍するようになるわけではないが、
コンクールに出るとか、黒帯を締めると言ったぐらいなら
かなり現実的に到達できる。

 

 

 

英語学習の世界で言うと、
TOEIC900点をとるといったレベルならセンスは必要なく、
技術的に十分に到達可能。

 

英会話の習得というのは一つの技術なので、
きっちり練習を行っていけば、

必然的に高いレベルに到達できるのだ。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ