英語が身につく効果的な学習法をみつけるのは運?

Sponsored Link

大抵の場合、英語が身につかない原因は”才能”のためでなく、
効果的な英語の学習法でもって、
トレーニングを行っていないことが挙げられる。

 

効果的な学習法はシンプルなものだが、
だからといって1人で作り上げるのはなかなか困難である。

 

 

 

英語学習における運と不運

日本における英語学習者の中で大きな割合を占めるのが、
TOEIC600点前後で伸び悩んでる人たちである。

 

実際にこのレベルというのは、
学校教育で英語をただ漠然と習ってきただけでは到達できない。

 

要するに、 TOEIC600点前後の人というのは、
学校教育以外のところで英語学習に対して
何かしらの努力を行ってきた人たちといえる。

 

つまりはこのことから、どんな英語の学習法であっても、
TOEIC600点前後というのは到達できると考えることができる。

 

 

 

しかしそこから大きく伸び悩んでいるということは、
それまでやってきた英語学習法に何かしらの欠点があると思われる。

 

欠点のある英語学習法を行っている限り、
どんな時間そしてどんな努力を払っても目立った上達は見られなくなる。

 

この状態での英語学習者のフラストレーションはかなりのものである。

 

 

 

英語学習においては、効果的な学習法を持っているかどうかが肝となる。

 

だが世の中に山ほどある英語学習法の中で、
効果的な学習法を見つけ出すことはかなり困難であるため、
効果的な学習法に出会えるのはもはや運としか言いようがない現状がある。

 

運がよければ、万年英語中級レベルという袋小路から脱出することができる。

 

英語が身について人たちというのは、この幸運に恵まれた人たちであろう。

 

 

 

その効果的な英語学習法とは

長期の停滞状態に苦しんでる人というのは、

英語に対する思い入れは強く、
真面目であり、地道に英語を学習する習慣が身についている。

 

そのため、効果的な学習法さえ手に入れば、

急激に進歩することが多い。

 

高いモチベーションを持って、
効果的な学習法に沿ってトレーニングを継続すれば、
日本国内でも十分に英語力を身につけることができるものだ。

 

 

 

英語力をつけるための基本法則はシンプルである。

 

「意味および文構造を理解できる英文を処理しながら、
できるだけ多く自分の中に取り入れ、
英語の文法および構文に則(のっと)った文を一つでも多く作る」

 

 

 

この基本法則を効率的な方法で実践するための重要なポイントを
挙げてみることにしよう。

 

・文法および構文は基本的なものからマスターして、

より高度で複雑なものに取りかかる。

・勘や推測に頼らない、

文構造をしっかりと把握する読み方を身につける。

・学んだことを「わかる」だけでなく、「できる」ようにする。

・「わかっていること」を「できる」ようにするために声を出す。

・意識的な暗記を行わず、繰り返しによる刷り込みで知識を技術に変える。

 

おおよそ日本国内で英語を身につけたという人は、
このポイントを押さえて英語学習を行っている。

 

反対に、努力や時間をかけているが、

英語が身につかないという人は、
このようなポイントを外して学習しているため、

停滞状態に陥ってしまう。

 

ハイレベルな英語力を身につけたという人たちは、
上記のようなポイントを押さえた上で
自分なりのスタイルで学習を継続してきた人たちなのである。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ