映画を使って楽しく英語の勉強をする方法

Sponsored Link

どうしても音声を使った英語学習に親しめず、
抵抗感を感じる人は、映画を使った勉強を行うとよい。

 

外国の映画、いわゆる洋画はストーリーもあって面白いし、
見ているだけでも大いに楽しめる。

 

しかし、映画によってわかりやすい英語を話しているものと
そうでないものがあるから、
まずはレンタルショップで DVD 映画を何本か借りてみると良い。

 

その中から、わかりやすい英語が使われている映画を選んで、
何度も繰り返し見るようにする。

 

まず最初はしっかり字幕を見て、内容を頭に入れておくこと。

 

ただし字幕というのは、
最小限の要約した意味しか書かれていないことを心に留めておこう。

 

そして映画を何度も繰り返し見ていると、
俳優のしゃべり方や英語のセリフが印象に残ったり、
字幕に書かれていない英語のニュアンスも聞こえてくるようになる。

 

また、好きな映画の台本集を購入して画面を見ながら
セリフを活字で確認していくという勉強方法も効果的である。

 

そうすることにより、耳と目を使って英語がさらに浸透していくのだ。

 

もちろん、映画を見ながらのシャドーイングも良い。

 

映画には生きた英語の表現がぎっしりと詰まっているので、
楽しみながら英語をモノにできることになる。

 

 

 

英語学習に適した映画

私が英語の勉強のためにおすすめする映画は、
オードリー・ヘップバーン主演の
「ローマの休日(Roman Holiday)である。

 

かなり古い映画ではあるが、王室の英語と一般の英語が
同時に楽しめるという点で英語学習には効果的な映画である。

 

例えば改まった感じで「喜んで申し上げる」は

I rejoice to say that ~、
「光栄です」は charmed などの上品な英語表現が登場する。

 

こうした表現をアメリカ人のビジネスマンに言ってみたいものだ。

 

どんな反応を示すだろうか。(笑)

 

そして王室の英会話の後には、
ガラリと世界の変わる俗語の英語が出てくる。

 

1ドルは one dollar ではなく、one buck であったり、
I have got to (have to)が I gotta という具合だ。

 

I gotta なら、例えば
I gotta get up early.(早く起きなくちゃ)というように使える。

 

新聞記者のジョーが寝ぼけている王女を
自分のアパートに泊まらせたとき、
彼女のかけ離れた言動に”screwball”「変な女だな」とぼやく。

 

これは、”Oh my god”と同じ意味。

 

さらに、”Holy smoke”という俗語も登場する。

 

ストーリーは余りにも有名なので割愛するが、
40年前の映画でも現代に残る名作である。

 

世界の人々に愛され、また人々の心に感動を与え続けている
この映画の新鮮な魅力を楽しみながら、英語学習を行って欲しい。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ