英語の習得は日本語と同じようにはいかない

Sponsored Link

人は意識的な学習をすることなく気が付かない内に、
母国語なる言語を身につけてしまう。

 

日本人として育った私たちは、発音のトレーニングを行ったり、
文法のような問題集を解くといった勉強をすることなく、
母国語である日本語を覚えてしまう。

 

しかし物心ついた時には、自由に日本語を使う能力がついている。

 

このことから、母国語を覚えた感覚で、
外国語も身につけてしまうって考えるのは自然な考えであろう。

 

確かにこの方法というのは理想的なのかもしれない。

 

だがこれはあくまでも理想、すなわち机上の空論であり、
現実としてうまくいかない。

 

母国語の習得と外国語の習得というものは全く別問題なのだ。

 

 

 

母国語を覚える前というのは、
頭の中に他の言語が入っていない、

まっさらの白紙の状態である。

 

なので、母国語というのは自然なプロセスで習得できる。

 

しかし、外国語を覚える時には
母国語の干渉というものが起こってしまうので、
母国語のように自然の習得っていうわけにはいかないのだ。

 

 

 

例えば日本語特有の音の体系が身についてしまうと、
RとLの区別が困難になる。

 

また、日本語の語順、いわゆる文法が身についてしまうことで、
英語の文法及び思考方法を受け入れ難くなってしまう。

 

母国語を覚える時には、このような弊害が発生しないため、
自然なプロセスとして習得することが可能になる。

 

 

 

ちなみに母国語というのは学習なしに、
自然に習得しているように思われるが、それは勘違いである。

 

母国語を覚えるプロセスで、
子供は常にその言語のネイティブスピーカーに囲まれ、
無数の言語刺激を与え続けられている。

 

つまり親だったり、親戚だったり、友人たちと触れ合うことで、
”意識的な勉強”の代わりに、
より実践的で濃密な言語訓練を受けているのだ。

 

 

 

また子供時代というのは、脳が非常に柔軟であるため、
環境次第では二つ目三つ目の言語でも容易に吸収することができる。

 

外国語を流暢に操るようになる帰国子女たちはその典型である。

 

だがこのような状態は、おおよそ小学生の時に終わってしまい、
それ以降になると長期間海外で暮らしていても、
帰国子女のような形で言語を習得することが難しくなる。

 

 

 

もし日本語と同じような感覚で、
英語を自然に習得しようとするなら、
こういった環境下では可能になる。

 

しかしながら現実問題として、

幼い子供時代に戻るとか、
母国語を消去するといったことは不可能である。

 

よって一般的な英語の学習者が、

英語を上達させるには、
母国語を覚えたような学習のプロセスではなく、
異なった方法で言語を習得していく必要があるといえる。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ