効果的な4つの英語学習トレーニング法とは

Sponsored Link

英語の音声トレーニングには、主に4種類の方法がある。

 

音読、リピーティング、シャドーイング、リスニングの4種類。

 

 

 

音読とは

音読は、外国語のトレーニング法として、
もっとも一般的かつ伝統的な方法。

 

音読は地味なトレーニングであるが、その効果は大きい。

 

理解できる文章を、声に出して読み上げることで、

感覚的・肉体的に
外国語を自分の中に刷り込むことができる。

 

 

 

音読では英文をそのまま読み上げるため、
英語の語順を崩したりする「戻り読み」はしない。

 

そのため英語をそのまま英語の語順で、
ダイレクトに受けいれることができるようになる。

 

しかし音読にも弱点がある。

 

英文の音声を聴かずに読み上げるため、
発音の仕方があやふやな語句を自己流で音読していると、
誤った発音がクセになることがある。

 

そこで有効的なのは、リスニングということになる。

 

 

 

リスニングとは

リスニングの目的は、正しく英文を聴き取り、
そして正しく発音できるようにするためのトレーニングである。

 

効果を上げるためには、英文の構造や意味を理解しながら、
集中して聴く必要がある。

 

なので巷によくある「聴き流し」では、
いくらやっても期待するほどの効果は上がらない。

「集中して聴く」ことが肝である。

 

 

 

リピーティングとは

リピーティングとは、聴いた英語を、そのまま声に出して、
繰り返すトレーニングである。

 

このトレーニングを行うに際しては、

センテンスごとに一時停止を行い、
音声を聴いたあと、

正確に声に出して繰り返すことになる。

 

慣れてくると余裕が出てきて、

英語の音を聴き取る力だけでなく、
英文を即座に日本語の意味に変換する力や文法力など、
総合的な英語力を向上することが可能となる。

 

 

 

正しくリピーティングするためには、
英語の音声を一時的に記憶する必要がある。

そのため脳の一時的保持能力を鍛えることができるのも特徴。

 

 

 

シャドーイングとは

シャドーイングも耳に入ってきた英語を、
そのまま声に出して繰り返すトレーニングである。

 

ただリピーティングと異なるのは、音声の一時停止を行わず、
英文を切らないところ。

 

つまり英語が流れてきたら、聴き取ると同時に、
一語遅れ程度で、その英語を声に出していくことになる。

 

このように音声のあとを、影のようについていくので、
シャドーイングと呼ばれている。

 

一見難しそうに思うかもしれないが、

記憶保持の必要がないので、
実のところリピーティングよりも楽である。

 

通訳の学校で、よく行われるトレーニングでもある。

 

 

 

テキストをふらふら変えない

これら4つのトレーニングを行うに際しては、

理解できる英文を用い、
文の構造と意味を理解しながら口にして繰り返し行うことになる。

 

また、「音読だけなら音読」という風に、
ただ1つのやり方に固執する必要はない。

 

4つのトレーニング方法をミックスして行うことで、
飽きや苦痛から免れることができ、

継続できるようになる。

 

目標としては、英文をほぼ完全に聴き取ることができ、
さらに英文を見ないリピーティングをスムーズにできる状態になること。

 

そのため、使い始めたテキストを徹底的に使い倒す形になる。

 

それが出来る前に、他のテキストに手を出すことがないよう、
肝に銘じておいて欲しい。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ