リスニングで生きた英語を楽しく学ぶ

Sponsored Link

ある程度初級テキストでの英会話学習を終えると、
それからは生きた英語を聞き、
また生きた英語読むことで、英語の単語や表現を
少しずつ頭に入れていかなければならない。

 

しかし今更、英単語の本などを買ってきて、
それを覚えていくのはシンドいことだろう。

 

だいいちそれでは楽しくないし、
実践にも役に立たない。

 

英語の単語はなるべく短い文章の中で
覚えていった方が覚えやすいし、
実践にも役立ちやすいのである。

 

英語の習得は勉強が基本となるので、
楽しいことばかりではないが、
本来英語の勉強というのは、
英語のラジオ番組を聴いたり、テレビを見たり、
本を読んだり、外国人と話をしたりという楽しいもののはずである。

 

島国に住む日本人の場合、
英語の必要性が増したといっても、
まだまだその必要性の切実さは諸外国に比べて低いので、
そのぶん英語を学ぼうとする切実さや動機も
希薄なものになりがちである。

 

したがって、余計に楽しくないとなかなか長続きしない。

 

それに何度も言っているように、
使える英語をモノにするためには、
耳から単語を入れていくことが重要なのである。

 

そこでリスニングということになる。

 

リスニングをやっていれば、
初級レベルの英会話テキストで触れるような
単語や表現も常に出てくるので、
忘れずに済むということだ。

 

 

何をリスニングすればよいか

そこで、
「では何をリスニングすればよいのか」
ということに当然なってくると思うが、
個人的には、何かテキストを使うよりも
「生きた英語」を聞くようにしたほうがいいと思う。

 

「生きた英語を聞くなら、英会話学校に通うのが一番」
と考えてしまうかもしれないが、私はそうは思わない。

 

そこでは確かに生きた人間が話をしているのだが、
英会話学校の授業というのは、多くの場合、
いわゆる「初級レベルの日常英会話」のテキストと同じように
非日常的なもの、作られたものである。

 

なのでそこで交わされる英語は、
本来の意味で生きた英語とはいえないのである。

 

それに英会話学校の授業では、
そこで使われた表現などを何度も聴くというわけにはいかない。

 

身につける前に、サーっと流れて行ってしまう。

 

また、サラリーマンや学生の出直し英語だったら、
そんなにお金や時間もかけられないだろう。

 

別記事で述べるように、英会話学校というのは、
こちらがそれを十分利用できるようになってから、
実践の場として活用すればよいのである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ