楽しみながら英単語力を向上させるオススメ参考書

Sponsored Link

まとまった英文を読むとき、
中学・高校レベルの英語力があれば、
やさしい読み物から始めて、だんだんと力を蓄え、
やがて難しいものへ移行していける。

 

しかし、そこではただ漫然と読むだけでは、
英語力はなかなかつかない。

 

読みながら、わからない単語を推測する力を養ったり、
暇を見つけて辞書を引いて、
単語を頭にインプットしたりする必要がある。

 

それに単語だけでなくイディオムがわかれば、
英文の理解力がぐんと増す。

 

また、単語の繋がり具合がわからないときは、
簡単な文法書をおさらいする必要がある。

 

大量に英語を読むことは大切だが、
大人になってから英語を勉強する場合、
それだけで基礎力は養えない。

 

ある程度の規則をちゃんと知っておいた方が、
英語を読む時だけでなく、
書いたり聞いたり話したりするときにも役立つ。

そのためには参考書を活用するとよい。

 

 

英文法力向上におすすめの参考書

英語の文法書はたくさんあるが、
ちょっと異色でおすすめなのは
「ビッグ・キャット・ファットの世界一簡単な英語の本」
(幻冬舎)である。

 

これは、おデブちゃん猫のイラストや図解が多く入った本で、
適度にカラー表示されていて読みやすく、
レベル別に先に進めるようになっている。

 

 

次に、地味ではあるが、
文法の復習にけっこう役に立つのが、
中学や高校の教科書。

 

教科書の内容を説明してあるガイドブックが出ているので、
レベルに合ったところから復習してみるとよい。

 

自分が復習したい学年と同じお子さんがいるなら、
一緒に勉強するのもいいだろう。

 

また、「中学3年間の英文法を10時間で復習する本」
(中経出版)は、
見開き2ページでひとまとまりの解説になっていて、
細切れの時間に読むのにぴったりである。

 

1時間目、2時間目というふうになっているが、
これにこだわらず、自分なりのペースで読めばよい。

 

なお、同じシリーズで、
高校の英文法を復習する本も出ている。

 

 

英単語力向上におすすめ参考書

英単語については、
受験生のときに丸暗記をした人も多いだろう。

 

受験生用の英単語・英熟語の本を一冊買って、
トイレや車の中に置いておき、
1日に1ページずつ目を通すのもいいだろう。

 

一度にたくさん時間をかけられないことが、
ここでは利点になる。

 

単調な作業なので、
たっぷり時間があると飽きてしまうのだ。

 

なので「単語や熟語の勉強は1回に5分ずつ」
という具合に決めるとよいだろう。

 

英単語の本を用意するなら、例えば、
「英単語が面白いほど記憶できる法」(中経出版)のような、
CD 付きのものがよい。

 

本のほうは、トイレや車の中に置いておくとしても、
音声のほうをCD や MP3で持ち歩き、
歩きながら聞けるからである。

 

こうすると目からだけでなく、
耳からも英単語が入ってくるので、
「読む」力に加えて「聞く」力もつくだろう。

 

単語が羅列してあるだけの本を読んでも
味気ないというなら、
「読めばらくらく英単語が増える本」(三修社)
がおすすめである。

 

大きなテーマをめぐって例文が挙げられており、
例文中の単語をめぐるストーリーを読むうちに、
類義語、反対語、派生語へと発展していく。

 

「さあ、覚えるぞ!」と意気込まず、
楽しみながら学習ができる。

 

 

ここで、英単語の風変わりな本を紹介する。

 

「英単語Hな覚え方」(東邦出版)は、
ちょっとエッチな話を織り交ぜながら、
それに関する英単語を解説しており、
最後にはけっこう真面目な単語を暗記させてくれる。

 

「毎日楽しく15分」と帯にうたわれているとおり、
半身浴でもしながら毎日読むと、35夜で読み終わる。

 

ひととおり目を通しただけで、
すべて暗記できるわけではないが、
二度三度と繰り返して読み通すのも楽しいと思う。

 

 

また、いかにも単語集というのではなく、
読みながら単語を覚えるのに適しているのは
「音読したい英語名言300選」(中経出版)である。

 

ケネディやアインシュタインといった
有名人が残した言葉を300選び、
英文に日本語訳と単語の解説がついている。

 

一日にひとつの名言を何度も繰り返し、
暗記できるくらいになれば、すてきである。

 

CD 付きなので、
リスニングはディクテーションの練習もできる。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ