英会話の疑問文は2つ以上に分けることで簡単になる

Sponsored Link

英会話で苦労することのひとつは、疑問文である。

 

相手からいろいろ質問されて、
答えなくてはならないのは日本人にとって苦痛だが、
相手にナニナニですか?と聞かなくてはいけない状況も
かなりつらいものがある。

 

人と話をすると、行った場所とか、
住んでいる場所に関する話題がよく出る。

 

What part of the town did you live in ?
「その町の、どのあたりに住んでいたのですか」

といった文章はしょっちゅう出てくる。

 

こういう疑問詞から始まる疑問文に対して答えるのは、
しかしば簡単に終わる。

 

その町の西の方であれば、The western part.で済む。

 

しかし、自分が疑問視を使って質問するのは、
けっこう複雑である。

 

普段から難しくならない言い方を身につけておくのが、
戦略的正解といえる。

 

そこでひとつの対応策は、文章をなるべく短くしてしまうこと。

 

・You lived in the town.
・Which part ?

これでいいのである。

 

文法的にもなんの問題もなければ、失礼でもない。
要するに、長い文にしないように細切れを作るのである。

 

Which part ?も立派な聞き方である。

 

でも実際は文章というより、単語を並べたもの。

 

だから簡単なのである。

 

What part of the town did you live in ?

という言い方と比べると、ずっと簡単である。

 

意味は変わらない。

 

しかもここでいちばん大事なのは、
ネイティブはしばしばこういう言い方をして、
シンプルに喋るという点である。

 

 

では、もっと複雑な内容をやってみよう。

 

Which do you think we should speak to first, Microsoft or Apple ?
「MicrosoftとAppleと、

まずどっちの話をしたほうがいいと思いますか」

けっこう複雑な文章である。

 

こんな疑問文も正しく言い切るのは、至難の技というもの。

 

ではこれを先ほどと同じように、
いくつかに分解して話したらどうなるだろうか。

 

・Which should we speak to first ?
「どちらを先に話すべきだろう」

・Microsoft or Apple ?
「マイクロソフトそれともアップル?」

・What do you think ?
「どう思います?」

 

do you thinkを長い疑問文から取り出して、
最後に持ってきたので、
元の複雑な文章が三つの短い文章になった。

 

speak toという言い方の代わりに、
go toといったもっと簡単な動詞を使って言えば、
さらにやさしくなる。

 

さらにはWhat do you think ?をはじめに言ってしまえば、
もっとシンプルにできる。

・What do you think ?
・We should go to Microsoft first or Apple.

 

この方法を使えば、かなり複雑な疑問文も
簡単に言うことができるようになる。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ