文法を中心とした学校英語教育の現状を変える必要性

Sponsored Link

日本人が英語の国際化の波に
完全に乗り遅れている原因は、
よく知られている通り、
文法と読みを中心にした学校英語にある。

 

「その話はもう聞き飽きた」と思われるかもしれないが、
この問題を語ることによって
私たちは今の自分たちの英語学習のところに問題があり、
それを克服するためにはどうしたらよいかを
知ることができる鍵となるので、
しばしのあいだお付き合い願いたい。

 

 

学校英語は、私たちがまだ
英語を聞いたり話したりする必要がない時代に
作られた英語教育のやり方に、今もなお戸惑っている。

 

そこに最も大きな問題がある。

 

日本の英語教育は、
戦後のまだほとんど英語話せる教師がいない時代に、
全国的なレベルで始めざるを得なかった。

 

出発点におけるその弊害が、
今も続いてしまっているのである。

 

もっとも最近は、昔に比べると教科書も随分良くなったし、
私立の中学校などでは、学校の特色を出すために
話せる英語をセールスポイントにして、
英会話の授業にかなり力を入れている学校も増えている。

 

しかしそれはまだ少数派で、大半の中学生たちは、
今も読みと文法を主体にした英語の授業を受けている。

 

公立学校では外国の青年を指導助手として招いて、
英語の授業に参加してもらうJETプログラムも行われているが、
その数はまだ全国でまだ5000人ほど。

 

英語の授業全体からすれば、おやつ程度である。

 

しかも彼らの存在が、授業の中で生かされているとは
まだ必ずしもいえない。

 

私の知り合いに日本の公立の中学校と高校で、
日本人の英語の先生と一緒に2人で英語を教える
授業(チームティーチング)をやっているアメリカ人がいる。
このあいだ彼は授業中に

He was eating popcorn while he was watching television.

という文章について
「この場合、文法的にはどちらの行為が主体なのか」
と聞かれたため、驚いてしまったとのこと。。

 

文法的にはこの文書の中では、
he was watching televisionの方が主体になるのだが、
彼には即座に答えることができなかったらしい。

 

「テレビを見ながら、ポップコーンを食べている」

”テレビを見る”のが主文なのか、
それとも”ポップコーンを食べる”ことが主文なのか。

 

別にどっちでもいいと思うのは、私だけだろうか。

 

そんなことを日本の英語の授業では、
まだやっているのである。

 

 

 

 

しかし文法は必要

もちろん、文法を学ぶことは悪いことではない。

 

いや、ネイティブスピーカーには、文法は必要なくても、
外国人が外国語を学ぶ場合には、
文法を学ぶことは絶対に必要なことである。

 

それが外国語を学ぶ近道なのだから。

 

ネイティブスピーカーが
母国語を学ぶようにして外国語を学んでいたら、
莫大な時間がかかってしまう。

 

その時間を少しでも短縮するために、
外国人には文法が必要となる。

 

文法を学ぶことによって、
私たちは外国語の構造を効率的に理解し、
それを応用していくことができる。

 

したがって日本人が英語の授業で文法を教えることは、
決して間違いではない。

 

ずっと会話ばかりやっていればいいいのかというと、
そんなことはなく、
それは外国人にとってはかえって非効率的である。

 

なので文法はどうしてもやらなければならないのだが、
その文法はあくまでも、
外国語を話し聞き読み書くために
役立つ文法でなければならないし、
文法をいつやるかということも大切な問題となる。

 

初めから文法をギシギシにやったのでは、
生徒はすぐ嫌になってしまう。

 

結果として、彼らは英語嫌いになってしまうだろう。

Sponsored Link

カテゴリ:学校英語教育 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ