”I don’t know”は「知りません」?ネイティブの使い方

Sponsored Link

英語のネイティブと話をしていると、

I don't know.

という言い方をよく耳にする。

 

これなら誰でも「私はわかりません」という意味だとわかる。

 

ところがよく聞いていると、わからないどころか、
どんどん自分の主張を始める。

 

I don't know.but it must be difficult.

などという具合。

 

わからないと言ってる割には、「それは難しいに違いない」と、
かなり断定的な言い方をしている。

 

どうもこの場合のI don't know.は「わかりません」という、
われわれが学校で習った英語の意味とは違うようである。

 

①わからないというよりも、
「自分はこれから言う事に絶対の自信があるわけじゃないけれど」
と言いたい。

②実は、自分の言いたい事に
言い訳をくっつけておくために使っている。

 

そんなケースも多いのである。

 

 

さらにこういう言い方の線上で、
「私は今からいうことに責任をとるつもりはないんだけど~」
という、もっと強いニュアンスで使われることもよくある。

 

これも日常よく出てくる言い方で、本当はかなり自信があっても、
相手が賛成しそうもないことを言うときにも、
クッションとして使うことがある。

 

I don't know,but the team may beat the Yankees.
「わからないけど、ヤンキースに勝つかもね」

 

どうもヤンキースファンに向かって少し気を使いながら、
自分のひいきのチームがヤンキースに勝つかもしれない
と言っているようである。

 

この、I don't knowは、
クションの役割を果たしているわけである。

 

これを使ってものを言うと、角の立つ事も言いやすくなる。

相手が提示した条件に反応するとき、

 

I don't know,but the conditions are too tough.
「わからないけど、条件がきつすぎますね」

 

と、I don't knowを使うと、角がとれた言い方で
あなたからのメッセージを伝えることが可能になる。

 

この場合、I don't knowを後に持ってくることもできる。

その意味は変わらない。

 

なにかキツイことを言ってしまったかなと思ったら、
その後に、I don't knowと、
ゆっくり付け加えておけばいいのである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ