相手に積極的同意を表す英語表現”I like that”の使い方

Sponsored Link

「それはいいですね」という相槌を打つことは、しょっちゅうある。

それは、日本語でも英語でも同じこと。

 

素直に、That's good.と言って何の問題もないケースがほとんどだが、
もう少し違った言い方にも慣れておくとよいだろう。

 

相手の意見や判断に同意して、
「それはいいですね」というときも、積極的に賛成するときには、

I like that.

という言い方がある。

 

これは、That's good.よりも積極的に賛成の気持ちを表している。

 

I want to have an aggressive marketing stance this year.
「今年は積極的なマーケティングの方針でいきたい」

そう上司が提案したとする。

 

「いいですね」と賛成するときには、もちろん様々な言い方があるが、
I like that.と言えば、あなたがその方針を積極的に支えて
協力しようとしているのが相手に伝わる。

 

I think you are right.

でも、

I agree.

でもいいのだが、こういう言い方だと少し距離をおいている感じがする。

 

それに対して、I like that.は、
ある種のコミットメントをしながら賛成することになる。

 

ただ無難に言うのではなくて、自分の意見として
ある程度の自信と責任を持って言う感じである。

 

 

もうひとつ、この言い方がよく使われるのは、
相手が着ているものや持っているものを褒める場合である。

 

「そのセーター、いいですね」などというときに、
The sweater is good.などと言いたくなるが、
こういう場合には I like the sweater.と言う。

 

この I like は、様々な場面で幅広く使える。

 

サッカーの試合で、素晴らしいドリブルをする選手がいたら、

I like his dribble.

というふうに使える。

 

His dribble is good.という言い方は客観的すぎて、
聞き手に距離を感じさせる。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ