英語の”命令形”は”依頼形”と認識すると会話が楽になる

Sponsored Link

日本人は英語を喋ることに関して、
大きなハンディキャップを負っていると思う。

 

そして、そのハンディの多くは、
どこかよその国が押し付けたものではなく、
自分たちが勝手に背負い込んでいるものである。

 

そのハンディの最たるものが、
「命令形」ではないかと私は睨んでいる。

 

上下関係を必要以上に強く意識する日本人のコミュニケーションに、
「命令形」という訳語は適さない。

 

なぜなら、命令系だと意識した途端、
自分より立場が上の人には使えなくなるためである。

 

なので諸悪の根源は、「命令形」という日本語にある。

 

年齢や性別、立場の違いはあまり気にしない文化の中で、
imperativeと呼ばれている用法を「命令形」と訳してしまうと、
この用法を抵抗なく使える状況とても限定されてしまう。

 

そこで提案する。

 

この記事を読んでいる方々は頭を切り替えてほしい。

 

「命令形」ではなくて、「依頼形」である。

 

学校のテストだと、
頭の固い先生が命令形という言葉にこだわっていて、
「これは依頼形だと思います」などというと、
減点されるかもしれない。

 

しかしアメリカをはじめとする英語圏の使い方を見れば、
命令系より依頼系と呼ぶ方が実態に近いことは明白である。

 

依頼形という言葉になれば、
コショウをとってもらうのもあまり苦にならない。

 

元気よく、Pass it to me.と言えるようになるはずである。

 

一日の始まりに知り合いと出会ったら、Have a nice day.
と声をかけるのに抵抗はなくなるはずである。

 

さて、頭は切り替わっただろうか。

 

頭が切り替われば逆に相手から、

Listen to me!

などと言われても、素直に聞けるはずである。

 

若い目下の外国人が相手でも、
命令されているのではなく、依頼されているのだから、
抵抗感を持たずに対応できるはずである。

 

Pass it to me.であろうが、
Give my best to your wife.であろうが、
依頼しているのだから別に抵抗なく言えるはずである。

 

また、しつけのしっかりした家庭で育った若い女性などが、
目上の人だからと変に遠慮しないで、
外国人で遥かに年上の男性相手に、

Let me know what you think.
「お考えを聞かせてください」

などということにも抵抗がなくなるはずである。

 

「あなたの考えることを、私に知らしめなさい」
ではないのである。

 

「どういうことか、教えてくださいませんか?」
なのである。

 

実際スピード違反で警察から停車を命じられ、

Stop right there!

などと言われるような場合を除いて、
日常使われるものはほとんど「依頼形」だと思って問題はない。

 

命令ではなく依頼だということになると、
いろいろな内容を実にスピーディーに伝えることができる。

 

丁寧に頼まなくてはならないと思って、

Would you kindly lend it to me?
「それをお貸しいただけませんでしょうか?」

などと、相手を呆れさせるような、
のんびりした言い方はさっぱりと忘れてしまおう。

 

Let me use it.

Lend it to me.

 

こういった、シャープな表現を使うのである。

相手も気分良く「はい、どうぞ」というに違いない。

 

大リーグのラッキーセブン、
ホームチームの7回の攻撃の前などに、
「私を野球に連れてって」という曲がよく流れる。

 

これももとは、

Take me out to the ball game.

というタイトルである。

 

どう考えても「私を野球に連れて行きなさい」ではない。

 

依頼形ということで「私を野球に連れてって」となる。

 

これで、英語のニュアンスと日本語訳が、
見事に符合することになったことだろう。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ