英語の第1文型と第3文型の違いを簡単学習

Sponsored Link

英語の文法の中でも、超シンプルで基本的な文型が
S+Vの形の第1文型といわれるもの。

 

第1文型ではVの動詞も限定されている。

 

be 動詞と一般動詞の自動詞しかあり得ないのだ。

 

be 動詞というのは、am,are,is。

 

 

一方、自動詞というのは、
動詞のあとに目的語を必要としない動詞のこと。

 

簡単に言えば、「私は歩く」は I walk.
「彼女は笑う」は She laughs. というように
「何を」という目的語がなくても自立している動詞をのこという。

 

例えば、「彼女は私を笑う」というような英文になると、
She laughs at me. となって、
at という前置詞を動詞のあとにつけなければ意味が通じなくなる。

 

よって自動詞とはすなわち、前置詞を伴う動詞といえる。

 

 

「私は駅まで歩く」という英文は、I walk to the station.。

 

to the station が修飾語になり、文型は I walk と同じ第1文型である。

 

一方、前置詞を伴わないで名詞をつけるだけで、
「何を」を表す動詞を他動詞という。

 

「私は英語を学ぶ」は I learn English.という具合に、
Englishをlearn の後に続けるだけで「英語を」という意味になる。

 

「私は本を読む」であれば I read a book.というふうに、
a bookをreadのあとに続けるだけ。

 

つまり、他動詞というのは
目的語をつけなければ意味を成さない他力本願の動詞なのである。

 

第1文型の自動詞は前置詞を必要とし、
他動詞は前置詞のいらない動詞として覚えておこう。

 

 

 

 

第1文型と第3文型の違いを見分ける

 

第1文型ーS+V(主語と動詞で完全に意味をなすもの)

The meeting started at nine o'clock.
・・S    V
(会議は9時に始まった)

We met on the street by accident.
S     V
(私たちは偶然通りで会った)

My appearance changed because of a hard diet.
・・・S                  V
(きついダイエットで私の外見は変わった)

The present will arrive tomorrow.
・・・S              V
(その贈り物は明日届くだろう)

 

 

第3文型ーS+V+O(主語が目的語をとるもの)

I had breakfast.
S   V       O
(私は朝食をとった)

She cancelled her appointment.
・S         V                 O
(彼女は予約をキャンセルした)

I quitted the company.
S     V            O
(私は会社を辞めた)

I bought a ticket.
S     V         O
(私はチケットを買った)

 

Sponsored Link

カテゴリ:英語文法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ