英語を上達させるには日本文化を知らなければならい?

Sponsored Link

英語の得意な先生方はしばしば、

「どう話すかより、何を話すかが問題だ」とか
「日本人はたとえ英語を話せても、
日本の文化をよく知らなければ、
国際人になることはできない」

といったことを言う。

 

このことは、あなたも多分どこかで聞いたことがあることだろう。

 

もちろんそれらは正しい意見ではあるのだが、
もう少し気楽に、
まず英語を話せるようになることを考えてもいいと私は思う。

 

インドではかなり多くの人たちが英語を話すが、
別に彼らが皆インドの文化についてよく知っているとは思わない。

 

 

私たちが今とりあえず目指しているのは、

・背中がかゆい(my back itches.)
・私はそんなにこだわる方じゃないの(I'm not fussy.)
・今夜の君は何か怒りっぽいな(You're kind of testy tonight.)
・彼女は立ち直りが早い(She is resilient.)

といった言い方が、サッと口をついてでるようになることだと思う。

 

別の記事で述べた
ドラッカーのグローバル化と民族化の話ではないが、
英語を話せるようになって、外国人と付き合うようになれば自然に、
「自分とは何者か」「日本人とは何なのか」という疑問が湧き起こってくる。

 

なのでそういうことを考えるのは、
それからでも決して遅くはないと私は思う。

 

 

また日本の文化というと、
すぐに歌舞伎とか能といった古典芸能を持ち出す人がいるが、
そうしたものは現代の日本文化の一部にしか過ぎない。

 

そんなことよりも、私たちが今、英語で話したり聞いたりしたいのは、
まず私たちが生きている現代の世界のことであり、
今生きている自分や他の人々のことなわけである。

 

もちろん、日本の古典芸能について知っておくのはいいことだし、
外国人を連れて能や歌舞伎を見に行くときは、
そういった日本の古典芸能について、ある程度の知識を持ち、
それについて英語で説明できる必要があるかもしれない。

 

そのために私は日本の英語の教科書には、
それらについて一通り学習できるような文章を
入れていくべきだとも思っている。

 

とにかく今は英語学習をあまり難しいもの、
七面倒くさいものと考えないでもらいたい。

 

難しいことは、後で余裕ができてからやればいいのだから。

Sponsored Link

カテゴリ:エッセイ 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ