体当たり英語学習法は恥文化を持つ日本人に合わない

Sponsored Link

効率的で効果のある英語学習法について
具体的な話を始める前に、
ひとつだけ考慮に入れておかなければならない事柄がある。

 

それは英語に関して日本人が置かれている、
他の国に止められない特殊な状況についてである。

 

多くの日本人に英語が必要になりつつあるといっても、
国内に住む外国人が非常に少ない日本では、
英語を話す機会は相変わらず大幅に限られている。

 

「必要こそ進歩の母」であって、
他の国のように使う機会があれば
英語を話す力はドンドン向上していくのだが、
日本人の場合はそうした状況がない。

 

しかしそれでも私たち日本人は、
英語を話せるようになりたいと思っている。

 

そのため私たちは、そういう特殊で不利な状況に置かれた
”日本人のための英語学習法”というものを
考えていかなければならない。

 

これまで英語の学習法についての本を書いてきた人の中には、
欧米に留学したり、日本でも欧米人と接する機会が
非常に多い人がほとんどのため、
そうした日本の特殊事情に対する配慮が
少し欠けていたのではないかと思う。

 

また、日本人の国民性に対する配慮も必要だと思う。

 

例えば、子供の頃から恥ずかしがり屋の人に、
いくら「恥ずかしがるな」といってもかなり不自然で無理がある。

 

無駄ではないにしても、
労に対して益が少ないのではないだろうか。

 

 

 

ルース・ベネディクトが「菊と刀」の中で指摘したように、
日本人は一般的に「恥」ということをかなり気にする国民である。

 

「欧米が”罪の文化”だとすれば、日本は”恥の文化”だ」
とベネディクトは言っている。

 

個人主義ではなく集団主義の日本人は、
欧米人のように気軽に人と知り合ったりするのが苦手である。

 

そうした国民に対して「英語は度胸!」などというのは、
少々デリカシーに欠けるのではないかと思う。

 

 

 

もちろん外国語を学ぶためには、
間違いを恐れずに英語を口に出して話してみることが大切で、
そのためには確かに度胸は必要。

 

しかし同じ度胸でも、10メートルの崖の上から飛び下りるのと、
1メートルの崖の上から飛び下りるのとでは、
必要な度胸の大きさが違う。

 

 

 

日本人の英語学習においては、
1メートルの崖の上から飛び下りるぐらいの度胸で済むような
学習方法を考えるべきだと思う。

 

日本人は、あまり恥ずかしいような英語を話したくないので、
度胸だけを頼りに英語を覚えようなどとは考えないのだ。

 

 

 

 

型から入る日本人

日本人には、何でも「型」から入る人が非常に多い。

 

例えば、ゴルフひとつ取ってみても、
日本人はコースに出る前にかなり練習をして、
ある程度スイングをマスターし、
打てるようになってからコースに出たいと思う。

 

これはゴルフだけに限らない。

 

日本人は何か新しいこと始める時には、
必要なまでにきちんとしてやり方を身につけようとする。

 

もちろんこうした「恥」や「型」の文化が、
良いか悪いかはまた別の問題だが、
少なくとも外国語学習に関しては、
こうした完全主義が速やか上達を阻害している面は少なからずある。

 

 

また、日本人の英語の上達を妨げている
一番大きな理由は「完璧主義」とも言われている。

 

日本人は英語が下手なうちはなかなか使おうとせず、
他の工業製品と同じように、
頭の中で英語の”品質管理”を行ってしまい、
結果、英語がなかなか上達しないということらしい。

 

 

 

確かにそういう面はあると思う。

 

しかし、それが私たちの国民性であるならば、
そのことを嘆くよりも、
そうした国民性に合った英語学習法や英語教育法を考えた方が、
ずっと有益ではないだろうか。

 

 

 

そうすればやがて日本人が、
工業製品と同じように”品質管理”された英語を話すことも、
夢ではないだろう。

 

かつては日本の外務省でも
「英米人と同じように話そうとしてもダメだ。
自然に英語を話すということになれば、
外国人には適わないのだから、そうではなく、
学問的にアカデミックに近い英語を話せば、
尊敬を受けることになる」
と言われていたようである。

 

 

 

 

男女の差

英語学習法においては、男女の違いにも配慮すべきだと思う。

 

もちろん個人差はあるが、全般的にいうと、
やはり女性の方がおしゃべりで、
そのぶん語学の習得は得意であるように思われる。

 

 

 

最近日本では、定年を迎えた夫婦が、
海外で余生を過ごそうと移住するケースが目立つ。

 

そうした場合にも、奥さんの方はすぐに言葉を覚えて、
現地の社会に溶け込んでいくのに、
ご主人の方はなかなか言葉を覚えられず、
次第に奥さんのお荷物になっていく、
というような話もよく耳にする。

 

 

日本人の男性には昔から「おしゃべりな男は信用できない」とか
「男は黙って・・・」式の社会通念がつきまとっていて、
男は無口なのが美徳とされてきた長い歴史がある。

 

昔の村落社会にしろ、現在の会社社会にしろ、
常にひとつのグループにしか所属してこなかった日本人の男性には、
仕事だけで、社会生活の経験というものが
ほとんど皆無に等しいという状況がよくある。

 

 

 

この点で日本人の男性は、会社以外に必ずクラブのような
もうひとつのグループに所属してきた欧米人の男性とはかなり異なる。

 

そのため日本人の男性の多くは、今でも遊び下手である。

 

この点でも日本人の男性は、女性に比べて、
外国語の習得において不利な立場にある。

 

日本人のための英語学習法を説くにあたって、
こうした事情にも配慮しなければならないと思う。

 

要するに、「現実に即した実践的な英語学習法を
説かなければならない」と強く思ってしまうのだ。

Sponsored Link

カテゴリ:エッセイ 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ