日本語は英語より論理的ではない?

Sponsored Link

ここで改めて確認しておきたいのは、英語では主語は必ずはっきりさせなければいけないという思いこみは、必ずしも正しくないということである。

 

「日本語は主語が曖昧で、英語は主語をはっきりさせるから論理的だ」というのも少し違うと思う。

 

日本語も主語をはっきり言ったり、論理的に物事を論じるのに十分適している。

 

しかし普段の会話では、日本語の持っているそういう機能はあまり使わない。

 

その理由は、相手との違いをはっきりさせたり、反対の意見を言ったりすることを避けようとする、日本の文化の問題なのである。

 

いってみれば、日本人は日本語が本来持っている機能のうち、ある部分はあまり使わないで過ごしてきた。

 

そういうことなのではないだろうか。

 

このあたりを図で示してみると、次のようになるかもしれない。

 

nihongo

 

 

なので必要があれば、コンピューターでも遺伝子工学でも、厳密な論理を求められる領域で、日本語を使って仕事をすることに支障はないのである。

 

ただし英語の場合、日常的に言葉が持っている機能のうち、使われている領域がはるかに広いように思われる。

 

図にすれば下のようになる。

 

eigo

 

 

そのために新しい概念を論じるための言葉を作り出したり、厳密な議論をしたりすることが、英語では日常会話の中でもやりやすい。

 

そんな違いがあるかもしれない。

 

どちらの言葉も、いろいろなことを正確にも曖昧にも表現できるのである。

 

ただし日本人は物事を1から10まで、すべて言い切ることに躊躇する。

 

英語を話すネイティブたちは、自分の考えていることを隅から隅まで言葉にしようとする。

 

従来の「英語」ではない自然な英語を話したいのなら、普段から日本語が持っている機能を広く使うようにすることが大事になる。

 

 

日本人は本当に怒ったときは、相手をにらみつけて唇を噛み締める。

 

こういうとき日本人の口から言葉は出てこない。

 

日本語の機能はここでは、まったく使われていない。

 

いわゆる表情やボディランゲージで意思表示をすることになる。

 

 

しかしアメリカ人なら、

 

I am angry.

 

と、自分が怒っていることを言葉にする。

 

もっと怒っている時には、

 

I am furious.

 

などと言い、これはもう相当に怒っていることを意味する。

 

Are you happy ?

 

などという言い方も、日本語ではそのままぴったりくる表現を探しにくい言葉のひとつである。

 

日本語で「お幸せですか?」などと聞くことはまずない。

 

「気分はいいですか?」などという言葉に置き換えても、なかなかしっくりこない。

 

こういう点では日本語と英語には、あるいはそれらの言葉を話すネイティブの発想には、かなり違いがあるといったほうがいいだろう。

 

 

しかし英語でも主語を略して構わない場合は、親しい間柄になればしょっちゅう見られる。

 

Feeling good ?

と言えば、相手に対して「気分が悪いの?」といっているのがわかる。

 

Do you like it ? とすべていい切らなくても、Like it ? で十分意味は通じる。

 

相手との関係がはっきりしていて、それが堅苦しいものでなければ、主語はどんどん略しても大丈夫。

 

逆にいえば、主語を略すことによって
相手に対して自分が親密さを感じていることを伝えることもできる。

 

デートをして、はじめのうちは、

What do you want to eat ?
「何を食べたい?」

といっていたものが、3回目、4回目ともなれば、

Wanna eat anything ?
「何か食べる?」

などと、どんどん略されていく。Wannaは、ご存知のように want to の省略形である。

 

インターネットの英語などを見ていると、主語を使わない文章が目につく。

 

実際にあるサイトから例を拾ってみよう。

 

Looking for books ?
「本を探しているんですか?」

Want to have a deal ?
「購入を希望しますか?」

 

といった感じで、主語はまったく見当たらない。

 

もちろんこれは、若い世代が開発したインターネット文化の一端で、ある種特別な領域ではある。

 

カジュアルであることがとても大事なインターネットの世界の特徴である。

 

でもこれで決して、失礼だとか文法からまるで外れているといったことにはならないのである。

 

私たちがいつもの日本語のクセで、主語を忘れてしまっても、大した問題にはならない。

 

少なくとも気の置けない仲間同士でなら、まったく問題はない。

Sponsored Link

カテゴリ:エッセイ 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ