英会話上達のコツは細かい間違いを気にしないこと

Sponsored Link

「私、悪い食べて腹痛もちます」

 

いきなり変な見出しをお見せして申しわけない。(笑)

 

とても日本語とはいえないような代物である。

 

だが例えば、こういう日本語を、知り合いの外国人が
あなたに言っているのを想像してほしい。

 

「腹痛もちます」などという表現は、
日本人には思い浮かばない。

 

そのため、
「とてもなにを言いたいのかわからない」
と思うかもしれない。

 

しかし本当にそうだろうか?

 

こんなめちゃくちゃな日本語(らしきもの)でも、
日本人だったら、
「おそらくこの人はなにか食べて、
そのせいでお腹がどうかなったのだ」
と見当がつく。

 

日本語のネイティブとして、
私たちは瞬間的に相手の言ったことを推測し、
必要ならば自分の頭の中で、欠けているものを補う習性がある。

 

上の例でいえば、

私(は)悪い(ものを)食べて、腹痛もちます(になりました)。

といった具合に修正する。

 

その結果、相手が言ったことは、日本人の頭の中では、

私は悪いものを食べて、腹痛になりました。

と整理されることになる。

 

日本人なら毎日やっていることなので、
さして難しいことではないはずである。

 

別に外国人相手ではなくとも、
相手の言っていることを
自分なりに整理して受け止めるというのは、
いつでもやっていることである。

 

英語の知識がかなりある人なら、
おそらく相手の頭の中に英語の
I have stomachache.
があるから、こういう日本語になったのだろうと見当がつく。

 

 

では英語の場合、これと同じようなことは、
どんな具合に起こるのだろうか。

 

なにか悪いものを食べて気持ちが悪くなったとき、

I feel sick.I think it's the food.

こんな言い方がすっと出れば、あまり問題はない。

 

もっとストレートに、

I am sick from the food.

という言い方も自然な英語だといえる。

 

こういう表現を覚えることは、もちろん役に立つ。

 

だが、少しくらい間違っても、ネイティブはわかってくれる。

 

例えば、

I have sick from the food.

でも、あまり問題はない。

 

もちろん正しい英語ではないが、相手のネイティブは、
あなたが、

I have sickness from the food.

と言いたいところを、
sick(という形容詞)を間違えて使ったのだろうと推測して、
直して受け止めるからである。

 

あるいは、

I have sick from the food.

haveは、amの間違いで、本当は、

I am sick from the food.

と言いたかったに違いないと、
瞬時に頭の中で訂正してくれるからである。

 

私、悪い食べて、腹痛もちます。

が、私たち日本語ネイティブの頭の中では、
「私は悪いものを食べて、腹痛になりました」
と整理されて意味をなすのと同じなのである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ