TOEIC試験パート6の問題傾向とその攻略

Sponsored Link

TOEIC 試験パート6では、
前のパート5同様に文法能力が問われる。

 

25くらいの短い英文の4ヶ所に下線が引かれ、
その中から正しくないものを選ぶという誤文訂正問題である。

 

このパート以外は正しいものを選ぶ問題なのだが、
ここだけは問題の趣旨が違うことを覚えておくこと。

 

We have to disconnect the equipments

in preparation for our move to the new office.

 

正解は、the equipment。

 

equipment「機器類」は不可算名詞なので、
常に単数扱いになる。

 

また、同様なものにinfomationがある。

 

パート6は文法力をチェックするパートなので、
英文の内容はビジネスシーンに限定されてはいない。

 

日常的な簡単な英文も出題されるが、
微妙な言葉遣いの違いで文法力を試すものが多い。

 

出題傾向は、単数複数の区別、動名詞を目的語に動詞、
to不定詞を目的語にする動詞の区別、
neither A nor Bなどの否定語を使った否定文、
仮定法、可算名詞、不可算名詞、語彙力などである。

 

一見難しそうに見えるのだが、
ある程度このパターンの問題に慣れておくと、
かなり正解率を上げることができる。

 

 

Part6の攻略法

英文法の弱点というのは、自分でも確認しやすい。

 

何でもいいので一冊の問題集を1回通して解いてみれば、
だいたい弱いところがわかる。

 

そこを重点的に補強していけば、得点に繋がってくる。

 

よく間違えるのは、to不定詞を目的語にとる動詞と、
動名詞を目的語にとる動詞を区別する問題である。

 

これは動詞別に覚えてしまったほうが良い。

 

 

 

to不定詞を目的語にとる動詞

agree「同意する」、hesitate「ためらう」、aim「目指す」、
arrange「調整する」、chosse「選ぶ」、mean「~するつもりだ」

 

 

 

動名詞を目的語にとるもの

avoid「避ける」、advise「~することを勧める」、
enjoy ~ing「~することを楽しむ」、admit「認める」、
go on ~ing「~し続ける」、approve of「承認する」

 

 

 

他動詞に前置詞をつけてしまうミス

中でも間違えやすい動詞はexplain,discuss。

 

explain about, discuss aboutとついしてしまいがちだが、
aboutのないのが正解。

 

expalain the issue「このテーマについて説明する」、
disscuss the issue「このテーマについて話し合う」となる。

 

動詞にすでに「~について」という意味が含まれているので、
前置詞は不要となる。

 

またcomplain「文句を言う」は自動詞なので、aboutが必要。

 

 

 

 

ランキングアップ・テクニック

パート6は、間違い探しをするというためか、
あれこれ迷ってかなり疲れるパートでもある。

 

それでも各問の解答は、一問につき30秒以内を目指したい。

 

誤りを発見するというのは、
よほど文法の知識がしっかりと身についてないとできない。

 

そもそも日頃読んでいる英文に、
文法上のミスがあるわけでもないし、
私たちはそれらを正しいと信じて読んでいる。

 

なのでいきなり
「英文の中から間違っている箇所を見つけろ」
と言われても難しいものがある。

 

実際パート6の問題を解いてみると、
こうした受け身的な英語の見方を
改めるような目的さえも感じられる。

 

ネイティブのアメリカ人でさえ
「英文法は苦手だ」という話があるように、
誰にとっても文法はやっかいなものである。

 

 

対策としては今一度、英文構造の原点に立ち返り、
S+V、S+V+C、S+V+Oなどの基本文型を把握すること。

 

普段ただ漫然と英文を読んでいるだけでは、
文法力はなかなか身につかないので、動詞の時制、完了形、
名詞の単数複数、品詞別に見分けながら読む。

 

そして TOEIC の試験日1ヶ月前に、
文法書をもう一度見直すようにしたい。

 

ルールというのは忘れやすいけれども、
一方では短期間で覚えることもできるし、
また思い出すのも早いという長所もあるのだ。

Sponsored Link

カテゴリ:TOEIC 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ