英会話においてRとLの発音の違いは気にしなくてよい

Sponsored Link

日本人の英語問題のひとつに発音がある。

 

例えば、realなどという単語。

 

日本人の発音でいつも取り上げられるRLが、
両端に鎮座している。

 

日本人の発音の観点からいえば、
非常にたちの悪い単語だといっていいだろう。

 

それを
「初めのRはこういうふうに、終わりのLはこういうふうに・・」
と頑張って区別しようとしても、日本人にはなかなかできない。

 

私自身、初めのうちはかなり無理をして区別するように努力した。

 

Rは舌の先端を上げないように、
Lは逆に下の先端を上あごにつけるような感じで、
かなり頑張ったものである。

 

そんなある時、アメリカ人の友人に尋ねた。

 

「僕のLRはどう、ちゃんと発音できている?」

答えは私を失望させるに十分であった。

 

「どっちも同じに聞こえるよ」

せっかく舌を上にあげたり、下げたり、
あんなに努力してきたのに、なんということだろう。

 

せっかくの努力も水の泡というのは、まさにこのこと。

 

しかし、そう言われて引っ込んではいられない。

 

「同じってことは、どちらかが別の方と同じになっているってこと?」

 

そのアメリカ人は、躊躇なく言い放った。

 

「両方ともRLの中間に聞こえるよ」

 

なんだ、それならあんまり問題がないじゃないか。

 

がすべてに聞こえたり、逆だったりすれば困るけど、
中間ならまあいいか。

 

これが私の結論であった。

 

日本語ネイティブで育った多くの人の耳は、
の音の波長を区別できないのだそう。

 

それは、赤外線カメラでしか見えないものを
裸眼で見えないからといって悩むようなもの。

 

あまり気にすることではない。

 

私が思うのに、日本人はどうしても
自分の不得意な方へと意識がいってしまい、
そこに話題が来たり相手が気が付いたりしないでほしい
という気持ちが強すぎる。

 

そこに自分の意識があるから
相手もそこに話題を振ってくるのではないかと、
ますます意識がそこに集中する。

 

いわゆるアリ地獄状態である。

 

実は英会話の極意のひとつは、
こういう心理状態をどうやって避けるか、そこにある。

 

発音の細かい部分に意識が行き過ぎると、
いつものあなた自身ではなくなって、
自信のない別人格になりかねない。

 

なので、の区別といった細かい事には執着しないで、
おおらかに話の本筋だけは外さないようにすることをおすすめする。

 

 

ついでにいえば、thの発音というのも、
あまり気にすることはない。

 

ただし、これは「ス」という発音はしないほうがいいだろう。

 

むしろ、「ス」と「ツ」の中間だと覚えよう。

 

thingなんていうよく出てくる単語も、
「シング」などと発音するよりも、
「ツィング」の「ツ」を少し「ス」寄りにするような感じが理想である。

 

threateningという、なかなか発音しにくい単語がある。

 

脅威という意味で使われることが多く、
けっこう日常生活に出てくる。

 

That's treat.「それは怖いね」

などという使われ方もする。

 

これも発音は「ス」と「ツ」の中間である。

 

したがってthreateningは、
「スレトニング」と「ツレトニング」の中間となる。

 

それだけ覚えておけば、あとの細かい違いは忘れても問題ない。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ