TOEICリーディングをスコアアップさせる勉強法

Sponsored Link

TOEIC 試験リーディングの膨大な英文量を
時間内に全問解くには、
”スピードリーディング”をするしか他に手はない。

 

ここでいうスピードリーリングとは、
喋るスピードで英語を読んで理解していくことである。

 

なのでいちいち英語を日本語に訳したり、
英文の後ろから日本語に訳してあげたりすることではない。

 

 

最初から英語で内容を理解し、
英語で考えるために最も効果的な学習方法が、
目・耳・口を同時に活用する3次元学習なのだ。

 

とにかく英語音声を聴くときも、英文を読むときも、
声に出して自分の声を耳で聴く。

(記事:TOEIC対策にも効果的な3次元英語学習法とは

 

これを行うことにより、リスニングの力とリーディングの力、
さらにはスピーキングの力も同時に高まるのだから、
多忙な人にはぴったりの勉強法である。

 

一日30分もあれば十分だろう。

 

この勉強法では、日本語で考える余裕がなくなるから、
始めたばかりの頃はかなりきついと思う。

 

しかし英語に親しみ、慣れるという点でも、
この勉強法はずば抜けてすぐれている。

 

とにかく英文をどんどん声に出して読んでいってみよう。

 

なおスピードに関しては、自分のペースで構わない。

 

 

声を出して読むということ

さて、声に出して読むということは、具体的にどういうことか。

 

まず第一にその読み物に会話音声があるのなら、
そのナレーションを徹底的に声を出して真似ること。

 

これはリスニング学習のシャドーイングと同じ要領で行う。

(記事:リスニング力を伸ばすシャドーイング勉強法

 

正しい発音・アクセントも注意して聴くのはもちろん、
リーディング力アップを目的にするのであれば、
文の区切り方を特に気をつけて真似ると効果がある。

 

おそらく、and,but,howeverなどの接続詞やwho,
that,whichなどの関係代名詞で息継ぎをしているはずである。

 

さらに長い名詞になると、
ひとかたまりとして読んでいるはずである。

 

次に、英文の強弱、
アクセントに気をつけて音声会話を聴いてみよう。

 

強弱やアクセントが気になるようになってくると、
自然にネイティブのような英語で話せるようになってくる。

 

やがてリズミカルに英文もスラスラ読めるようになるだろう。

 

そうすると不思議なことに声を出して英文を読んでいるだけで、
だいたいの英文の内容がわかるようになる。

 

当然、目で活字を見ているのだから、
スペリングも目に入り、単語を覚えられる。

 

音で英語がわかるようになれば、
あとは目が理解力を一層深めてくれる。

 

このようにして音からの理解力を強くしておくと、
英語を読むスピードも速くなり、英語が体に染みついていく。

 

そうなればもうリーディングなんて怖くない。

Sponsored Link

カテゴリ:TOEIC 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ