英会話での便利な表現”Right”の意味と使い方

Sponsored Link

日本人が英語でのやりとりを億劫に感じる理由のひとつに、
YES と NO の問題がある。

 

実際、英語のYESとNOの使い方は、
日本語ネイティブの私たちの感覚と相当違うために、
余計な苦労をするケースが多々ある。

 

特に否定形の質問に対する答え方が難しくなる。

 

これは中学の英語の授業で、つまずくところでもある。

 

You don't like carrot, do you?
「ニンジンは嫌いなんでしょう?」

などと言われて、ニンジンが嫌いな人はどうしても
「はい、そうなんです。ニンジンが苦手なんです」
という日本語が頭に浮かんでくるものなので、

Yes,I don't like carrot.

と言いたくなる。

 

しかしこの場合、内容の方に重点を置いて
その中身を否定するわけなので、

No,I don't like it.

と表現しなさいと、どの英会話の教科書にも書いてある。

 

我々は真面目なので、「なるほど」と素直に感心して、
日本流とは違うやりとりのパターンを覚えこむ。

 

「ニンジンは嫌いなんでしょう?」
「いいえ、嫌いなんです」

という英語の表現を一生懸命に覚えようとするわけだが、
こういう言い回しは、かなり意識的にやらないと身につかない。

 

 

質問が「ニンジンが好きかどうか」程度の話なら、
頭はそれほど混乱しないが、もっと複雑な質問になって、

Your boss is not necessarily very open in terms of communication with his staff,is he?
「おたくの上司は、あんまりみんなと、
ざっくばらんに話をするほうじゃないでしょう」

などということになってくると、どう答えていいか、
そう簡単ではなくなってくる。

 

No,he is not.

とすんなり出てくればいいのだが、
意外に途中の言葉に気をとられて、
スムーズには出てこないものである。

 

necessarilyとかcommunicationといった長い単語が、
返事を考える頭の中で絡まってくる。

 

実はこういう場合に、とっておきの表現がある。

 

この表現を使えば、
YES、NOを使った文章にしなくてよくなる。

 

きちんとあなたが言いたいことは伝わるし、
立派な英語としてどこで使っても何の問題もない。

 

しかも、嬉しいことにとても短くて簡単。

 

先ほどのニンジンについての
You don't like carrot,do you?
という質問に答える場合、

Right.

これだけでいいのである。

 

これだけで、
「そうなんですよ、私はニンジンが嫌いです」
と言っていることになる。

 

もちろん、もっと丁寧に言っても構わない。

 

Right.I don't like carrot.

これなら
「ええ、ニンジンは嫌いです」
という日本語の表現ともぴったり一致する。

 

まさに「英語をラクに話す」方法のひとつなのである。

 

 

上司に関する質問でも、あまりざっくばらんな人でないのなら、
やはり短く”Right.”と、これだけで問題ない。

 

Right.He is not open.

と言っても、もちろん構わない。

 

これなら我々も混乱しない。

 

 

相手が言って内容が否定形になっている場合でも、
Rightを使って肯定的に返事をしたっていいのである。

 

「そうですね」と相手を認める形で答え始めて、
もし必要ならNotのような否定の表現を続けても構わない。

 

相手の言っていることを丸ごと肯定してまう。

 

そんな特技がRightにはある。

 

むしろ相手自体を丸ごと
肯定してあげるようなところがあるといっても、
過言ではないかもしれない。

 

とても包容力のある英語表現なのである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ