シャドーイングのやり方はこんなにも単純

Sponsored Link

英語学習のために通勤通学途中、
英会話音声を MP3などで聴いている人は多いと思う。

 

しかし、英会話音声をただ漫然と聞き流しているのでは
効果がないため、全くの時間の無駄である。

 

英語音声を聴いている時間の長さと、英語力の向上は比例しない。

 

いかに凝縮した内容の勉強を短時間でできるかが、
英語力の向上に結びつく。

 

ではどのような英語音声の聴き方をすればよいのか。

 

 

 

私はシャドーイングというやり方をおすすめする。

 

シャドーイングとは、流れてくる英語を聴きながら、
少し遅れてすかさず英文を繰り返す方法である。

 

その際、声は小さくてもいい。

 

この方法は通訳者になる人のトレーニング方法と言われ、
素早く英語を理解する訓練方法でもある。

 

だからスピーキング力だけではなく、
リスニング力も鍛えられる最適な方法となる。

 

 

 

シャドー(影)という文字通り、
音声を聴いて小声で影のように同じように口を使ってリピートする。

 

テキストを見ながら行うことは、シャドーイングではない。

 

テキストの英文は見ないのが原則。

 

英語の内容が分かってもわからなくても、
音声に合わせて口先でこちょこちょ行ってれば良いのだ。

 

周囲の目が気になる人は、口を動かしているだけでも効果はある。

 

 

 

対訳本を使ってシャドーイング

まず何でもいいので、英語音声の附属している対訳本を用意する。

 

まずざっと日本語のページを読んで内容を理解する。

 

そして英文を音読する。

 

意味のわからないところは日本語のページで確認する。

 

ここまでは立体学習である。

 

 

 

次にテキストを見ることなく、

先ほどの内容の英語音声を聴きながら、
自分でその流れてくる英語を口にしてみる。

 

これはリスニング力をつける方法でもあるので、
ここで使用する英語音声に、
ノンネイティブの英語も含まれていると効果が高い。

 

 

 

ただ、テキストの対訳本の英文を見ながら音声を聴くというのは、
あまり賢明なやり方ではない。

 

どうしても目に頼ってしまうからだ。

 

もしどうしても会話が聴き取りにくい、

難しいと感じるならば、
初めの数回テキストを頼りにして耳を慣らし、
そのあとテキストなしでシャドーイングを行うとよい。

 

 

 

シャドーイングは、

音声とほぼ同時に素早く同じ言葉を言うことなので、
それらしくぶつぶつ言っていないと効果がない。

 

立体学習で音読し英文を全部理解した後、
耳を頼りに音声の英文に合わせたスピードでぶつぶつ声に出す。

 

シャドーイングは、リスニングレッスンの最上級レベルなので、
ある程度の立体学習が終わったならば、どんどん挑戦して行こう。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ