英語スピーキング力を独学で向上させる練習法

Sponsored Link

スピーキングの力を伸ばすには、
まず「伝えたい気持ち」があることが大切となる。

 

これがあれば、つたない英語でも何とか相手に通じるし、
臆病になって口を閉ざしてしまうこともない。

 

「どうせ通じないから」、「英語で話すのは大変だから」
と黙っていては、いつまでたっても
外国人とコミュニケーションがとれないだろう。

 

とにかく、話してみることが大事。

 

その際、英語らしい発音に気をつけることは大事なのだが、
最初はあまり神経質にならないこと。

 

f や v は唇を噛んで、th の発音は舌を歯のあいだに挟んで、
r を発音するときは舌を巻き上げて・・・など、
知識として分かってはいても、
実際にできるようになるには練習が必要である。

 

そうした知識を頭の隅に置きつつ、
まずはどんどん話してみること。

 

発音は、あとからついてくるのだから。

 

 

また、「さあ、英語を話すぞ!」と身構えても、
話題がなくては話せない。

 

英語を話せるようになるために、
日頃から質問をたくさん持つようにしたい。

 

「アメリカの人は日本に対して、
どんなイメージを持っているんだろう」
とか
「イギリスの学校制度って、
どんなふうになっているんだろう」
など、何でも構わない。

 

そして、実際に話す時には、
大きな声でジェスチャーを忘れずに交えるようにする。

 

相手に聞き取ってもらえないとき、
声が小さいことが原因である場合が往々にしてある。

 

自信がないため、つい小声になってしまうのだろう。

 

そんなことで会話につまずくのはもったいないので、
是非とも大きな声で、身振りを交えて話そう。

 

 

また、外国の人たちと接するようになると、
文化の違いによる誤解が起こりやすくなる。

 

例えば自分のことを指すのに、
日本では人差し指で自分の鼻を指すのに対して、
アメリカでは親指で自分の胸を指す。

 

また、日本人がオートバイのつもりで「バイク」と言っても、
アメリカで「バイク」といえば、「自転車」のことで、
日本人が言う「バイク」は「モーターバイク」なのである。

 

 

ひとりスピーチ、ひとり通訳でスピーキング力を伸ばす

留学をすれば英語が身につきやすいのは、
生活のすべてが英語漬けになるからである。

 

留学をしても日本人同士で行動して、
日本語ばかり話していては、英語は上達しない。

 

このことは裏を返せば、
日本にでも長く英語に接していられる環境を整えれば、
英語が得意になるということである。

 

自宅に居ながらにして、
なるべく外国にいるような環境を作り、
できるだけ英語に親しむ機会を作るとよいだろう。

 

ひとりスピーチでスピーキング力向上

スピーキングの練習のうち、いちばん手軽なのは、
自分ひとりで英語を話すこと。

 

以前の記事で述べたように、
ほんのわずかな時間を見つけて、
自分のしていることや考えていることを英語で言ってみよう。

 

最初はちょっと違和感があるかもしれないが、
慣れると楽しくなってくる。

 

目にしたものの説明や、読んだ本の感想など、
題材はあちこちに転がっているはず。

 

自分のしていることを説明するとき、
日常の動作が意外と言えないことに驚くことだろう。

 

ひとり通訳でスピーキング力向上

またテレビを見ながら、
日本語を英語に置き換えてく練習もしてみよう。

 

私はこれを、”ひとり通訳”と呼んでいる。

 

最初はコマーシャルといった、
短いものから始めるといいかもしれない。

 

慣れてきたら、
日本語で放送されているドラマや映画を見て、
英語に通訳してみよう。

 

わからないところはどんどん飛ばして構わない。

 

セリフがない場面では、
状況説明をしてみるのもいいだろう。

 

 

ちなみに、英語検定の準1級の面接試験では、
絵を見てストーリーを説明することが要求されるし、
一級では、2分間のスピーチがある。

 

”ひとりスピーチ”や”ひとり通訳”をしていると、
状況を英語で説明することや、
自分の考えを述べることに慣れてくるので、
こうした試験の準備にもなる。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ