英語での電話が苦手な人には独り言練習がおススメ

Sponsored Link

海外の仕事先と、電話では無理だけれど、
E メールならばやりとりができる、
という英語レベルの人たちは多い。

 

E メールが書けるくらいなら、
文法的にはあまり問題がないはずである。

 

語彙もけっこう豊富で、辞書さえあれば、
自分の言いたいことはほぼ表現できることだろう。

 

ならばもう少しの努力で、
口頭でも同じことを表現できそうなもの。

 

ただ、書くという作業は、
時間をかけて調べながらゆっくり取り組めるが、
口頭で表現する場合には、調べているゆとりはなく、
すらすらと英語が出てこなくてはならない。

 

しかも、頭の中で英文を組み立てるだけでなく、
それを声に出して言うのだから、
書くのとは違う練習が必要となる。

 

こういうときは、日頃から自分の言いたいことを
英語に直す練習をするといいだろう。

 

例えば、朝起きて着替えながら、

Which shirt do I wear today?
(今日は、どのシャツを着ようかな)

などと声に出してみる。

 

また、朝食を食べる時には、

I want to eat a sunny-side up egg for breakfast.
(朝食に目玉焼きを食べたいな)

というように口に出してみる。

 

ひとりで喋るわけなので、いわば1人スピーチである。

万事この調子で、歩きながらでも、
お風呂に入りながらでも、
思いついたことを英語で表現してみよう。

 

同僚に言いたいこと、部下に伝えたいこと、
上司に報告することなど、仕事関係の内容もいい練習となる。

 

このとき、文法的に多少の間違いがあっても、
気にしないことが大事。

 

どう表現したらいいかわからなかった単語は、
あとで和英辞典などで調べるといっそう力がつく。

 

また、海外の仕事先と電話で連絡を取る必要があるとき、
こちらから伝えたいこと、質問したいこと、
相手が尋ねそうなこと、それに対する返事などを、
前もって考えておくことも大切である。

 

E メールが書けるほどの力があれば、
そういった文章をノートにまとめることはできることだろう。

 

あとは、それを口で言う練習をするだけである。

 

たくさん練習することによって、
英語が頭に浮かぶスピードが速くなり、
次第に英文がスムーズに口に出てくるようになる。

 

この練習は制限なしにやると長く続かないので、
一日のうち、朝に1回、昼に1回、夜に1回とか、
通勤電車の中で行き帰りに20分ずつというふうに、
自分なりに決めてやるといいだろう。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ