市販の教材で英語スピーキング力を向上させる学習方法

Sponsored Link

今はとても良い英語教材が、
書店に行くとたくさん並んでいる。

 

どれを選ぶにしても、何度も繰り返して身につければ、
スピーキング力が向上することだろう。

 

ただ、昔からずっと使われている教材には、
否定できないよさと安心感がある。

 

そんなロングセラー教材の中でおすすめできるのが、
「アメリカ口語教本」(研究社)である。

 

これは、入門用、初級用、中級用、上級用にわかれており、
それぞれにテキストと別売りの CD がある。

 

テキストと CD をそろえると、7000円ぐらいになるのだが、
一度買えば半年から1年ほどはじっくり学習できるので、
いろいろな教材に手を出したものの、
結局は何も続かないよりは堅実だと思う。

 

また、スピーキングだけではなく、
リスニング、リーディング、
ひいてはライティングの練習にも使えるのでお得である。

 

英会話が苦手な人は、書店で実際に中身を見て、
自分のレベルよりも少し低いところから
入ったほうがいいだろう。

 

簡単な英語をすっかり自分のものにする方が、
学習効果は高い。

 

学習法は次のとおり。

 

①レッスン最初の英文をリスニング
・何度も聞いて内容を理解する。
・スピーキングの際、相手の話を聞き取る能力につながる。

②同じ文章をディクテーション
・何度も聞いて内容を書き取り、最後に答え合わせ。
・間違ったところを見直すと、ライティングの力につながる。

③同じ文章を音読し、意味を確認
・リーディングの力を養い、スピーキングの基礎を作る。

④その次の会話文について、①~③を繰り返す

⑤解説を読む

⑥反復練習(パターン・プラクティス)をする

⑦英作文のドリルがあれば、それをやる

 

この教材の反復練習の量はかなり多いので、
何回かに分け、数日かけて行う。

 

まとめてやると、飽きてしまう原因になるので、
忙しくてまとまった時間がとれないことを逆手にとり、
コマ切れの時間で集中して練習すると効果がある。

 

ひとつのレッスン終わるのに、早くて10日ほどだろう。

 

できれば2週間ほどで終わらしたいものだが、
1ヶ月かかっても構わない。

 

絶対に途中で諦めず、1冊を仕上げる覚悟で始める。

 

その目標を1年後にしてもいいだろう。

 

これだけみっちりやれば、必ず力がつく。

 

英語の構造が頭の中にでき上がり、
表現したいことが英語で言えるようになっていく。

 

 

中学の教科書を音読する

「いまさら中学の教科書なんて~」
と思われるかもしれないが、
英語基礎からやり直したい場合、
中学の教科書の音読は絶対な威力を発揮する。

 

「中学英語を復習して英会話がペラペラになる本」や
「たった100単語の英会話」というものがあるくらい、
中学で習う英語は大切であり、それだけにつぶしが利く。

 

まずは中学の教科書を、
一年生用~三年生用まで用意する。

 

教科書に合ったCD が別売りされているので、
これも用意する。

 

場合によっては、教科書ガイドを利用すると、
単語の解説や日本語訳があって便利である。

 

やり方は次のとおり。

 

①ひとつのレッスンの音源を何度も聴く(リスニング)
②その発音を真似て、教科書を何度も音読する(リーディング)
③本文を日本語に訳す
④その日本語訳を見て、英語で言ってみる(スピーキング)
⑤日本語訳を見て、英語で書き取る(ライティング)

 

一年生の教科書の最初のころはやさしいので、
どんどん進むが、徐々に時間が掛かるようになってくる。

 

それでも、コマ切れの時間を利用して、
「今日は①だけ」「今日は③の半分」というふうに、
少しずつでもいいので続けていきたい。

 

教科書の復習は、
英語の四つの機能をすべて伸ばす万能選手なのである。

 

これができると、
英検3級から2級の2次試験で行われる面接に難なく望める。

 

まとまった文章を音読し、それに関する質問に答える練習が、
教科書音読の中で自然にできるからである。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ