定冠詞”The”の使い方~聞き手と自分が認知している場合

Sponsored Link

いろいろと日本人にとってわかりにくい部分のある英語だが、
そのひとつはtheの使い方ではないだろうか。

 

a は不定冠詞、the は定冠詞と学校ではそう教えてくれる。

 

不定冠詞といわれても、定まらない冠詞ということで、
なんのことだかわからない。

 

定冠詞というのも、
定まったあるいは決まった冠詞ということだか、
依然謎は深いままである。

 

地球のようにひとつしかないものは the を使う、
テーブルのようにいくつでもありうるものは a をつけて表現する。

 

こんなふうに覚えるのが普通である。

 

この athe の使い分けは、
可算名詞と不可算名詞の区分けと並んで、
日本人が苦手とするものである。

 

ではどうしたらいいだろうか。

 

①自分が判断して、「これだ!」という形で
特定したいものには the をつける。

②「あるひとつの」といって構わないものには a をつける。

 

このくらいのゆったりしたルールを
自分で決めておくのがいいのではないだろうか。

 

そんないい加減なことで通るのかと、
不安になることも多いと思う。

 

でも実際にネイティブがやっているのはそういうことなのである。

 

「イタリアの旅行、あれは実に忘れられない思い出になりましたね」

こういう文章をいうとき、thea はどうつければ正解か。

 

実はこの文章を英語にした時の正解は、
かなりたくさんあるのである。

 

A trip we took to Italy became a truly unforgettable memory.

これでもいいだろうし,

The trip we took to Italy is indeed something that we would never forget.

といっても問題はない。

 

はじめの英文では a trip とし、
次のものでは the trip と始まっている。

 

なぜだろうか。

 

はじめの a trip のほうは、この旅行のことは
初めて聞く人を相手に話をしている感じがする。

 

The trip のほうは、いっしょに旅行した人に向かって
「あの旅行は、本当によかったね」と回顧している感じがする。

 

少なくとも、そのイタリア旅行のことを
知っている人に向かって話している。

 

そういう状況である。

 

そのあたりのニュアンスは、
話し手が聞き手と自分のトピックの関係を
どう認識しているかによって決まるのである。

 

さらにいえば、自分が
「どうそのトピックを相手に認識してもらいたいか」
を示しているのである。

 

この場合の a trip といえば、
相手はどの旅行のことがすぐに考える。

 

なぜなら話し手が the という以上、
聞き手である自分が知識を持っていることを
期待されていると認識するからである。

 

たぶん相手が言おうとしている旅行はこのことだろうと、
聞き手は判断する。

 

もしはっきりわからないようなら、聞き手が
which one?「どれのこと?」
と必ず質問してくるはずである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ