話の主体性(自己主張度)を弱める”They ”使い方

Sponsored Link

焦点を少しぼかしたい時には、遠回しな表現を使う。

 

これは日本語でも英語でも同じである。

 

実際、いま話しをしている人に向かって、
あまり喜びそうもないことを伝えなければいけない時などには、
十分注意しなくてはいけない。

 

「あなたは責任感が足りない」
などと言わなくてはならないときに、

I think you'd better have a storonger sense of responsibility.
「もう少し責任感を持った方がいいと思いますよ」

というのも一つの方法である。

 

でもこれだと相当強いインパクトを相手に与えることになる。

 

立場の違いによっては、その人との関係に相当な影響を与える。

 

そこで実質的には同じことをもう少し柔らかく、
主体をぼかしながら言うには、
theyに登場してもらうのが一番である。

 

あえて訳せば「彼ら」ということだが、
日本語で「みんな、景気が悪いと言ってるよ」などという時の
「みんな」に近いと考えていいだろう。

 

ネイティブ同士の英会話では、
この場合のtheyはなんの注意も引かない。

 

They say you'd better have a stronger sense of responsibility.

あるいは、

They have a problem with your sense of responsibility.

 

こう言えば、I thinkで始めるときの強いニュアンスが消え、
ずっと柔らかい感じになる。

 

they sayには、こういう具合に
とても婉曲にものを言えるという特徴がある。

 

逆にいえば、本当はあなた1人の意見という場合でも、
まずthey sayと切り出してみることだってできるのである。

 

theyのなかに、あなた自身を入れてしまう感覚である。

 

自分もその中に入った they say を使えるようになると、
主体をぼかして、キツイ事が言えるようになる。

 

 

上司や担任の先生から理不尽な要求をしてきたとき、
一人称である I を使って反論しようとすると角が立つ。

 

I don't think it's a realistic idea.
「それは現実的なアイディアだとは思えません」

 

こうストレートに言うのは、ある意味で立派かもしれないが、
ときには思わぬ問題を引き起こす。

 

そこで、theyの登場である。

 

They say it's a realistic idea.

 

こう言えば、誰が言っているかがぼやけて、
そう言われた方もあまり腹が立たない。

 

 

親に対して言いにくいことも、
theyを使えばだいぶ気楽に言うことができる。

 

They say most parents admit that their children should not spend too much time to make money for living.
「ほとんどの親は、子どもたちが生活費を稼ぐために、
あまり時間を使うべきではないと認めているそうだよ」

 

おそらく大学生で、
生活費を親にもっと援助してもらいたいのだろう。

 

I thinkとか、It is admitted by most parents
などと回りくどいことを言わなくても、
スピーディに自分の言いたい事を親に言うことができる。

 

逆の立場で、子どもに説教しなくてはいけなくなった親も、
theyを活用することができる。

 

Teens need to be very careful about having sex,they say.
「十代のうちは、セックスには
十分注意しなくてはいけないといわれてるんだよ」

 

いずれも本当は、自分が言いたいことをちょっと距離をおいて
「世間ではそう言われてるよ」という感じで、
theyを使っていうケースである。

 

このちょっとした違いで、
物事はずいぶんと楽に言えるようになるのである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ