TOEIC対策におすすめの革新的な単語集

Sponsored Link

英語が得意でない私が、

「この単語集にもっと早く出会っていれば・・」
と思わせる革新的な本が存在する。

 

その単語集とは「DUO(デュオ)」(ICP刊)のことである。

 

この単語集には、以下のような四つのメリットがある。

 

①覚える英単語全部を一つの例文に入れてあるため、
例文を覚えつつ単語が覚えられる。

 

②初めて登場した単語には、必ず動詞、形容詞などの派生語や
他の同義語が当時に紹介され、読みながらついでに覚えられる。

 

つまり、芋づる式に関連づけて単語が覚えやすいように
工夫がしてあるということ。

 

また時事英語も多く取り扱われているので、
TOEIC のボキャブラリーに対応できる。

 

③セクションが30に分かれているので、
一日1セクションこなしていけば、
1ヶ月で最低必要なボキャブラリーが覚えられる。

 

④2色刷りのレイアウトのおかげで、
単語集特有の無味乾燥感がなく、視覚的に親しみやすい。

 

 

本来この本は受験対策用に作られた単語集であるが、
多種多様な単語が集められているため、

TOEIC にも十分に活用できる。

 

しかも TOEIC のスコアのレベルを問わないので、

語彙力のある人は、
単語を再確認したり忘れないためにといった使い方ができる。

 

1ヶ月で読み終えたら、数ヶ月後にもう一度目を通す
という繰り返し作業で、単語を覚えていくと良いだろう。

 

 

 

おすすめの文法問題集

TOEIC の文法をマスターするのにおすすめしたい本は、
「TOEIC 文法特訓プログラム」(アルク刊)である。

 

この方の良い点は、

一日の勉強量があらかじめ設定されているため、
順調に毎日勉強すれば、わずか20日間で
文法をマスターできる仕組みになっているところ。

 

文法の学習というのは厄介なので、
短期間かつ集中的に勉強したほうが賢明である。

 

 

 

また、文法の説明に時事英語を取り入れた例文が多いので、
例文を覚えれば実際のビジネスにも活用できる。

 

特に文法の内容が高度になればなるほど、
例文で覚えた方が合理的なこともある。

 

例えば誰もが苦手とする仮定法過去の文法というのは、
例文を丸ごと覚えた方がわかりやすい。

 

If it were not rainy today, I would go for a walk.
「もし雨が降っていなかったら、散歩に行くのに」

という具合に例文ごと覚えてしまうのだ。

 

リーディングセクションで得点を稼ぎたい人は、
文法集で自分の弱点になっている文法分野を確認することを勧める。

Sponsored Link

カテゴリ:TOEIC 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ