TOEICにはテスト対策がほとんど通用しない

Sponsored Link

自分の英語力の上達を測るうえで、

TOEIC をはじめとするテストを
定期的に受けることは有効的だが、
テスト自体を学習の目的にしてしまうことには疑問を覚える。

 

巷には”英語の学習”と称して、
ひたすらテスト対策の問題集を解いている人がよくいるものだ。

 

しかし本当の意味で英語力をつけたいのならば、
テスト対策といった学習スタイルを変えたほうが良い。

 

 

 

テスト対策の学習者は、

しばし次のような誤解を持っていることが多い。

 

「TOEIC は英語力の証明なので、

TOEIC 教材で能率的に勉強しよう。
TOEIC のスコアが上がれば、

英語が身についたことになるのだから。」

 

だが実際このように簡単にことは運ばない。

 

英語力というのは大量かつ様々な英語を処理するプロセスで、
培われるものである。

 

 

 

テスト対策の問題集をただ黙々と解いているだけでは、
たとえ何冊仕上げようとも、

しっかりした英語力を養うことができない。

 

数ある英語検定の中でも、

TOEIC は非常によくデザインされていて、
いわゆる「傾向と対策」といった対処法では、
スコアが上がらないように工夫されている。

 

 

 

なぜに「TOEIC 試験の傾向と対策」といったような教材や書籍が
巷に溢れているかといえば、
それはただ単に出版社側からみたビジネスが成り立つだけの話である。

 

また、実際にそういった教材で学習している人は多い。

 

そのような教材で学習するよりも、

中学校の英語テキストを音読する方が
確実に TOEIC のスコアは上がるものだし、
同時に総合的な英語力もアップする事実を知らないのだろう。

 

 

 

TOEIC というのはスピードが重視される試験なので、
その辺の対策を行えば、

ちょっとしたスコアは上がるかもしれないが、
それもすぐに頭打ちしてしまうだろう。

 

 

なので飛躍的な右肩上がりのスコア上昇を望むなら、
英語力を培っていくしかない。

 

というか、そもそも伸ばしたいのは英語力のはずである。

 

「いや、会社にスコアを上げろと言われているだけだ。」
という声も聞こえてくるが、
結局のところ会社は実用的な英語力を求めていることに変わりはない。

 

TOEIC スコアで良い点をとっても、
使い物にならない英語ならば意味がない。

 

 

 

英語というのは、れっきとした一つの言葉である。

 

私たちは言葉を通じて、他の人と友人になり、

愛をささやき、議論する。

 

また、言葉を通じて新聞雑誌インターネットなどで社会の情報を得たり、
さらに、本を開けば、言葉を通じて物語の世界に入ることができる。

 

このような多種多様な世界が、
薄っぺらな問題集の中に閉じ込められているはずはないと思わないだろうか。

Sponsored Link

カテゴリ:TOEIC 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ