電車・バス乗車時間を無駄にしない英語学習法

Sponsored Link

電車やバスに乗っているときは、
ぼんやりしたり居眠りしたりすることが多いだろう。

 

もちろんそれもいいのだが、
この時間はかなりまとまったことができる機会である。

 

特に通勤や外出で小一時間は電車に乗る乗るのであれば、
これを利用しない手はない。

 

まず、電車やバスで立っていても
座っていてもできることは、たくさんある。

 

iPod やスマートフォンに音源を録音しておき、
英語の歌やラジオ英語講座を聞くのは、
いちばん手軽だろう。

 

特に立っているなら眠くならないし、
歩いている時と違って動かなくてもいいので、
より集中できる。

 

 

独り言によるスポーキング練習

英語のひとりスピーチは、この場合も可能。

 

声に出してやると、周囲の乗客から不審な目で見られるので、
口だけ動かしたり頭の中で英文を作ったりする。

 

おすすめなのは、他の乗客を描写してみること。

 

吊り広告を英語に訳してみるのもいいだろう。

 

The man sitting in front of me looks like an able businessman.
(前に座っている男性は有能なビジネスマンのようだ)

How to save food cost ー five hundred yen a day.
(食費の節約法 ー 1日500円)

 

 

リーディング学習

また、読書(英語リーディング学習)の時間に
あてるのもいいだろう。

 

興味のある原書、雑誌、新聞を読むのに、
車内は最適である。

 

満員電車でぎゅうぎゅうの場合は無理かもしれないが、
そうでなければぜひ読書をしてみるとよい。

 

原書1冊を、1回1ページずつ読むとしたら、
1週間に5日は通勤するとして、行き帰りで10ページ。

 

すると、1ヶ月で40ページ、半年で240ページとなる。

 

読まない日があったとしても、
薄いペーパーバックなら半年で1冊読めてしまう。

 

英字新聞は、電車に乗っている時間を読書タイムとして、
目を通せる分だけ読む、見出しだけはすべてに目を通す、
記事をひとつだけ読むなどと決めておくと、
むやみにたまることはない。

 

英語雑誌についても、
電車に乗っている間という限られた時間に読むのは、
とても良い方法である。

 

軽いので持ち歩きやすいし、例えば車やガーデニングなど、
自分の好きなジャンルの雑誌なら楽しみにもなる。

 

楽しく読むという点では、漫画や絵本も格好の教材である。

 

いずれにせよ、「通勤の電車の中では帰りに必ず読む」
などと決め、それは毎日のように繰り返す。

 

塵も積もれば山となる、の精神で続けて行こう。

 

 

ライティング学習

次に、電車やバスで座れた時にできることだが、
立ってる時にできることよりも幅がぐんと広がる。

 

なぜなら、書く作業(ライティング)ができるからである。

 

ライティングをする時間は、普段あまりとれないので、
電車に座れた時にするといいでだろう。

 

そのために、小さなノートとペンは必ず携帯する。

 

また、どういう英語を使ってないのかわからない時に備えて、
ポケットに入るような小型の電子辞書があると便利である。

 

さて、ライティングといっても、堅苦しく考えることはない。

 

自己紹介や自分の考えを、どんどん英語で書いていく。

 

自分が知りたいことを英語で表現してみるのも、
過去の出来事を英語で説明するのもいいだろう。

 

その日、または前日に起こった出来事を書くこともおすすめである。

 

I decided to look at everything from better side.
(すべてを良い面から見ようと決めた)

One of my friends came to see me from England.
(友人の1人がイギリスから私に会いに来てくれた)

 

題材は何でも構わない。

 

手当たり次第に英語にしていくことによって、
だんだんと英文が書けるようになっていく。

 

一度にたくさん野郎とすると、負担が多くなるので、
少しずつを長く続けるのがコツ。

 

また、例えば文章を3つ書けたら、
「今日の分は終わり」と区切りをつけ、
10分間を文章を書くためにあてたら
「今日はよくやった」と自分を褒めてあげよう。

 

私たちは、つい足りないことのほうに目がいき、
「こんなんじゃダメだ」と思いがちだが
、そういうマイナスの感情があると、
やがて精神的に辛くなってしまう。

 

同じ時間を英語の学習に費やすなら、楽しんでやり、
自分のやったことを認め、
実感に浸ると効果が上がるものである。

 

 

また、何を書いたらいいのか全くわからない場合は、
英作文の問題集を一冊買って、
1日に1ページずつ進めていく手もある。

 

問題集を使うと、正しい解答がわかるので、
英語検定や TOEFL といった試験を
目標とする人にはうってつけであろう。

Sponsored Link

カテゴリ:英語学習法 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ