英会話時に役立つ”What I mean”の意味と使い方

Sponsored Link

”I mean”といっしょに覚えておくと、とても重宝するのが、
”What I mean”である。

 

これは日本語でいえば、
「私が言いたいのは」とか「つまり」に相当する。

 

この言い方は、便利な表現として活躍してくれる。

 

あなたも使ってみれば、そのように実感することだろう。

 

自分の言いたいことがはっきり言えなかった時、
あるいは相手に十分伝わらなかった時など、
もう一度言い直すのに使うと効果的である。

 

What I mean is the product is the best choice.
「私が言いたいのは、この製品は今選べるものの中では、
いちばんだということである」

などと使うことができる。

 

仕事で大事な話をして別れ際に、もう一度大事なポイントを
相手に念押ししておく時などにこの表現を使えば、
その後のやりとりで問題が起こるのを未然に防ぐことができる。

 

What I mean is we think your machine is good.
The terms are the problem.
「機械自体はいいと思う。でも条件が問題である」

こう言っておけば、海外出張から帰ってみたら、
相手が機械の性能そのものに不満があると誤解して、
交渉を打ち切ってくるなどといった
不測の事態を防ぐことができる。

 

 

また、友達や恋人と些細なことで言い争いになった後、
何となく気になって、
自分の気持ちをもう一度相手に伝えておきたい。

 

そんなことが、誰にもときどきある。

 

What I mean is I still like your idea.
「でも、君の考えは好きだってことなんだよ」

 

次に会った時には、
もう気まずい雰囲気はなくなっているはずである。

 

ここで使われているstillは、「いまも」というよりも、
「いろいろあったけど、でも」という感じである。

 

過去のことを後になって少し修正するときなどは、
次のようにひと工夫する。

 

What I meant was I thought you were correct.
Sorry, I was not clear.
「言いたかったのは、きみの方が正しかったってことなんだよ。
はっきり言わなくてごめん」

 

meantと過去形になるところが少し面倒だが、
このように伝えておけば、
相手の誤解も解けてしこりは残らないはずである。

 

念押しをするときにはWhat I meanをどんどん使おう。
「あ、しまった!」という時の頼もしい味方になってくれる。

 

 

よく海外旅行などに出かけて、必要もないのに、
現地のガイドにショッピングに連れて行かれることがある。

 

その時、日本語が話せるガイドが急病で、
ショッピングだけは英語のガイドになったりすることもある。

 

こんな非常事態で、
しつこくショッピングに行くように勧められたときなどは、

What I mean is I am not interested.

と言えば、
「だから興味がないって言っているでしょ!」
という感じになり、はっきり断ることができる。

 

I am not interested.

とただ単に繰り返すよりも、
ずっとはっきり相手に気持ちを伝えることができる。

 

それでも様々な理由をつけて、
あなたをショッピングに誘おうとするガイドもいるかもしれない。

 

そんな時のとっておきの言い方が、

You know what I mean?
「私の言っていることがわからないの?」

 

これを語尾を少し上げることで、かなり強烈な言い方になり、
迫力を感じて相手は少しひるむはずである。

 

 

語尾を上げなくてもいいのだが、その場合は
「私の言いたいこと、わかるでしょう?」
という文字通りの疑問文になり、ずっと柔らかい言い方になる。

 

普段の会話でも、少しゆとりが錯綜して、
「こっちの言い分もわかってよ」
といったことを言う場合によく使われる。

 

どうも相手が自分の言いたいことを、
きちんと理解していないようだという場合、
是非使ってみてもらいたい。

 

 

さらに、

That means?
「ということは?」

などという、なかなかシャレた言い方もある。

 

相手が言ったことの中身は分かっても、
その先なにを言いたいのかわからない。

 

そんな状況で使える。

 

相手が言ったことの意味が必ずしも明快でない場合に、
それをもう一度言ってもらうのではなく、
一歩進んで次にどうなるのかを聞くことで、
状況の把握をしようというのである。

 

 

他にも同じような効果を発揮する言い方に、

Your point?

などもある。

 

「あなたの言いたいポイントは?」と言うことで、
今相手が言ったことの要旨を確認するのに役立つ。

 

語尾を上げて言えば、立派に疑問文として働いてくれる。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ