英語は必ずYes,Noと白黒ハッキリ表現することが大事?

Sponsored Link

長いあいだ日本で教えられてきた英語の常識のひとつに、
「英語は日本語より白黒がはっきりしている」
というものがある。

 

英語でものを言うときは、
白か黒かはっきり言わなくてはいけない。

 

そう教わったために、日本人はずいぶんと苦労してきた。

 

例えばこのように、人からものを頼まれたとする。

 

「明日までに、これ、できますか?」

「できるだけやってみます」

日本人は慎重なので、特に英語で返事をするときには
「もちろんできます」
などと断定的に返事をすることは躊躇する。

 

しかし実際は、
「できるだけやってみます」と言って、
多くの場合その通りに一生懸命にやる。

 

なので大抵の場合、日本では、
次の日にきちんと出来上がってることになる。

 

それでも英語で受け答えをするときには、

Can you finish this by tomorrow?

Yes,I can.

と、小気味よく答えるのをためらう傾向が日本人にはある。

 

なぜかといえば、我々日本人は学校で、
「英語の YES と NO は、とてもはっきりした肯定と否定を表す」
と習い、それを素直に信じているからである。

 

「イエスと断言したなら、なにがあっても
明日までに絶対に仕上げなくてはならない!」
そういう思い込みがあるので、
日本人は英語でYESとかNOというときに、
どうしても身構えてしまうところがある。

 

本当に誠実に対応しようとするから、
はっきり返事ができない。

 

ところがこうした日本人の真面目さで、
アメリカ人などに結果的に曖昧な返事を繰り返していると、
「なんだかはっきりしない人だな」と思われて、
会話の流れに水を差すことになる。

 

しかしネイティブが会話するときには、
もっと自然で融通の利く言い方のほうが、
ずっと頻繁に使われる。

 

He sounds arrogant lately.
Don't you think?
「あの人はこの頃態度が大きいね。そう思わない?」

などと相手が行った時に、
あなたは必ずしも強く思っていないとする。

 

そんな場合には英会話でも、
いちいちはっきりと白か黒かの二者択一で
考える必要はないのである。

 

英語でも、YesかNoを絶対に言わなくてはいけない
というわけではない。

 

日本人の友達と日本語で話す時でも
「そう?」とか「そうなの?」とか「そうなんだ」などとよく言う。

 

いちいち「はい」とか「いいえ」とか、
しょっちゅう言うことは、ほとんどないことだろう。

 

そこで英語でも「そう」とか「そうですか」といった、
日本語でもよく使われる表現に相当する言い方を
身につけておくことがとても役に立つ。

 

I guess so.
「そうなんじゃない」

Oh,yeah?
「あ、そう?」

などと、軽い同意を多少のためらいを込めて言う場合が多いし、

Really?
「本当?」

Do you think so?
「そう思う?」

などと疑問を込めて言うことがよくある。

また、相手に同意できない時にも、

Not really.
「そうでもないね」

I hope not.
「じゃないといいんだけど」

と微妙なニュアンスを込めて言ったりもする。

 

実に様々な言い方で、YesとNoの周辺の感情や答えを
表しているのである。

 

だからと言って、
「日本人だから、難しい Yes と No の使い方を避けて、
簡単な表現を使うべき」
と言っているわけではない。

 

自然な英会話をするためのカギのひとつとして、
YesとNo以外の様々な表現を
身につけるというのがポイントである。

 

無理にYesとNoのどちらかを選ぶ必要はないということ。

 

「YesかNoを決めるのは難しい!」
と意識して沈黙してしまうよりは、
こういう便利な言い方を覚えて使うに限るというわけである。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ