英語の”you”は必ず”あなた”と訳する必要はない

Sponsored Link

youといえば、「あなた」とか「あなた方」という日本語になる。

 

自分のことを言う時には I、自分たちは we
彼や彼女はそれぞれheshe
複数になれば they になる。

 

ところがyouだけは、単数も複数も同じ。

 

ものごとをはっきりしたい傾向の強い英語の中で、
このyouだけがひとりなのか複数なのか
わからない仕掛けになっている。

 

それなのに、実際の英語にはyouがしょっちゅう出てくる。

 

英語の中でも、最も目立つ活躍をするスター級のyouと、
日本語の「あなた」の間には、どんな違いがあるのか。

 

名作といわれる作品と、その日本語訳を比べてみよう。

 

例えば誰でも知っているヘミングウェイの「老人と海」、
あの作品で最初のyouは、こんなふうに出てくる。

 

84日間も一匹の魚も釣れずに過ごしている老人に、
少年が言う。

 

I could go with you again.

この部分の日本語訳は、このようになっている。

 

「またいっしょに行きたいなぁ」

日本語訳には、youのかけらも見当たらない。

 

またいっしょに海に出たいと思っている少年は、
親の反対を覚悟で老人を説得しようと、このように言う。

 

Can I offer you a beer on the Terrace and then we'll take the stuff home.
「テラス軒でビールをおごらせてくれないか。
道具はその後で運べばいい」

 

ここでもyouは、日本語訳の中にいっさい出てこない。

 

ここでいうテラス軒というのは、
たぶん浜辺に立っているおんぼろあずまやのようなものを、
漁師たちがテラスとシャレのめして言っているではないかと思う。

 

またここで使われているofferは、
英語のネイティブからすればとても変な言い方で、
たぶんヘミングウェイが、
キューバで使われているスペイン語の訛りを
表すために使った表現のようである。

 

さらに、ヘミングウェイのこの文章には、
日本では常識とされている約束事と違う点がみられる。

 

Can I と疑問文の形で始まっているが、
最後にクエスチョンマークがついていない。

 

特に口語では、あまり文法を意識して
話をする必要はないという一例である。

 

 

それはさておき、youは見事に姿を隠している。

 

その方が日本語としてはスムーズだからである。

 

福田恒存という人は日本を代表する
英文学者と呼ばれた人であるし、
言うまでもなくヘミングウェイはアメリカの文豪である。

 

この2人が同じメッセージを読者に伝えるために、
youを処理した方法を比べてみると、
英語と日本語の違いがよくわかる。

 

ここからひとつのヒントが出てくる。

 

英語の文章を日本語にするときには、
なるべくyouを訳さない。

 

これはぜひ覚えておいてほしい。

 

「あなた」が多い日本語は、とても目障りである。

 

また、自然な日本語にするためには、
英語によく出てくるyouをなるべく出さないということは、

英語では逆に、youをどんどん使わなくてはならない!

ということになる。

Sponsored Link

カテゴリ:初級英会話 

管理人

profile

英会話力向上を目的とした
英語学習を、人生のライフスタイルの
一貫として研究している。
自らも年に数回、
海外へ出かけることで、
英会話力を向上させている。
趣味は海外旅行、外国人との
国際コミュニケーションなど。


最近の投稿
Sponsored Link

カテゴリー

ページの先頭へ